2014年01月31日

ブラジル・サンパウロ州で化粧品の動物実験禁止法施行!1匹あたり4200万円の罰金

1月23日ブラジル・サンパウロ州で化粧品に対する動物実験を禁止する法律が州知事に承認され、1月24日に施行されました。
ラテンアメリカ諸国初の快挙です!

昨年秋、フェリシアーノ・フィーリョ州議会議員が議会に緊急提出したこの法案(Bill 777/2013)は、すでに12月11日に州議会で承認されていましたが、ジェラルド・アルキミン州知事のサインが待たれていました。
これにより、同法に違反した場合(つまり化粧品等に対して動物実験を行った場合)、その動物実験を実施した施設には動物1匹あたり100万レアル(日本円で約4200万円)の罰金が科されるとされています。

ブラジル国内に約2,300の化粧品企業があるとされるうち、3分の1弱にあたる約700社が存在しているサンパウロ州の決定が、今後、ブラジルの連邦政府に影響を与えていくことは必至です。
また、ブラジルは中南米の化粧品市場の58%ものシェアを占めていることから、ブラジルにとどまらず中南米全体に大きなインパクトを与えていくことになるでしょう。

この一連の動きの背景には、2013年10月17日に同州サンロッケ市にあるロイヤル研究所(Royal Institute)から、薬物の毒性試験に供されるビーグル犬178匹が劣悪な状況におかれていたところを救出されたという事件がありました(ロイヤル研究所はこの後閉鎖されました)。
この事件が発端となって、同州では動物実験に反対する機運が大きく盛り上がりました。
一方、アルキミン州知事は、この法案可決を、動物保護団体だけでなく、化粧品業界団体の代表者や獣医、生化学者、医師など研究者らと協議した結果だと説明しています。


EUから始まった化粧品の動物実験禁止の火が、イスラエル、インドへ広がり、いま南米ブラジルにも引火しました。
中国でも今年6月から廃止に向けた対応がとられます。
このまま日本だけがなにも対策を講じないわけにはいきません。

「日本でも化粧品の動物実験を廃止して!」

ぜひ厚生労働大臣へ声を届けてください!

-----

厚生労働省「国民の皆様の声」募集 送信フォーム
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html

田村憲久議員の公式ホームページ
http://www.tamura-norihisa.jp/contact/index.html

-----

参考サイト:

http://uk.news.yahoo.com/brazil-39-sao-paulo-state-bans-animal-testing-213308505.html

http://www.premiumbeautynews.com/en/sao-paulo-to-ban-animal-testing,6407?PHPSESSID=8ptt47rdqbo5bshrarigv75rq1

http://www.huffingtonpost.co.uk/troy-seidle/sao-paulo-brazil-introduc_b_4658952.html

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 11:43 | TrackBack(0) | ニュース

2014年01月30日

厚労大臣に化粧品の動物実験廃止を求める署名を提出しました!

1月28日(火)、ザ・ボディショップの福本剛史社長、クルーエルティフリーインターナショナル(CFI)の政策ディレクター ニック・パーマー氏とともに、JAVAの理事 亀倉弘美が、田村憲久厚生労働大臣に面会し、化粧品の動物実験廃止を求める116,777名分の署名を提出しました。

140128署名提出.jpg

この署名は、化粧品の動物実験を世界的に廃止させようと活動している動物保護団体Cruelty Free International(CFI)が、動物実験に反対する化粧品企業ザ・ボディショップと共に、2012年から全世界で展開してきたキャンペーンのなかで集められたもので、JAVAはこのキャンペーンに日本のローカルパートナーとして協力してきました。

面会の場には、このたびの署名提出にあたって尽力いただいた自民党の三原じゅん子参議院議員にも同席いただき、予定されていた15分という面会時間を大幅にオーバーして、活発な意見交換が行われました。

「化粧品という美しさを求めるものに、動物を犠牲にするのはいかがなものかと私も思っている」

このように冒頭、私たちの運動への共感を示した大臣は、入閣前は自民党のどうぶつ愛護議員連盟のメンバーでした。

私たちからは、日本でも12万もの署名が集まるほど問題意識が高まっていること、国際社会ではEUを皮切りに次々に禁止する国が増えてきていること、日本でも動物実験を廃止する企業が増えているが国としての対策が取られていないこと、廃止に向けて具体的な策を講じてほしいことなどを伝えました。

大臣は「省としてすぐに法律で禁止するのは難しい」と慎重な姿勢をみせながらも、議員立法の可能性に言及したほか「動物を犠牲にせず、代替法の強化に予算をつけるなど、できることから取り組んでいきたい」と明言しました。

また「(化粧品の動物実験廃止に向けて)良いアイディアがあれば皆さま方からぜひご提案をいただきたい」と私たちに投げかけました。

省のトップである大臣からこのような前向きなコメントを引き出せたことは、非常に大きな意義のあることだと考えています。

----------

署名にご協力いただいた皆さま、どうもありがとうございました。
この署名は、もちろん、提出がゴールではありません。
日本政府が、そして全世界が、化粧品の動物実験を廃止するその日まで、私たちと一緒に、あきらめず、粘り強く、動物たちに代わって声を上げ続けてくださるようお願いいたします!

●厚生労働省へ声を届けよう
厚生労働省「国民の皆様の声」募集 送信フォーム
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html

田村憲久議員の公式ホームページ
http://www.tamura-norihisa.jp/contact/index.html

----------

私たちが提出した要望書はこちら:

CFI、ザ・ボディショップ、JAVAの連名による要望書
140128化粧品の動物実験廃止を求める要望書.pdf

JAVA単独名による要望書
140128化粧品の動物実験の実質的禁止を求める要望書(JAVA).pdf

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 17:44 | TrackBack(0) | アクション

2014年01月07日

ナチュラルコスメのロゴナ、2013年12月より中国市場から撤退〜動物実験実施要求に反対して

あけましておめでとうございます。
今年も、1匹でも多くの動物たちが苦しみから解放されるよう尽力してまいりますので、どうぞ引き続き私たちJAVAへのご支援ご協力をよろしくお願いします。

さて、新年最初のポストは、化粧品会社のロゴナが、動物実験を義務付けている中国への輸出を取りやめたというニュースです。
昨年11月のリリースですが、ドイツ本社の公式サイトに掲載されています。

*****

ロゴナは2013年12月1日より中国向けの輸出を停止を決定しました
http://www.logona.de/en/kraeuterwiese/interesting-facts/article/show/rueckzug-aus-china-ein-klares-statement-gegen-tierversuche/

ロゴナを含む、ロゴコスブランドは、中国政府と様々な交渉を行ってきましたが、中国向けの輸出のための届出・承認には動物実験を行うようにとの要求があったため、動物保護の観点から即座に、中国向けには商品を出荷しないと決定しました。

*****

ロゴナといえばドイツ発祥のナチュラルコスメのパイオニア的存在。
動物実験を行わないだけでなく、動物実験反対というスタンスを明確にしています。
http://www.logona-friends.jp/concept/

13億の人口を抱える中国は、どの業界にとっても魅力的なマーケット。それをあきらめることは企業にとって決して容易なことではありません。
そのマーケットからの撤退を潔く決断し、今後も中国政府に対して化粧品の動物実験廃止を働きかけていくというロゴナ。このように信念を貫く企業をぜひとも応援していきたいですね。

一方で、やはり変わってもらうべきは中国です。
2009年頃より化粧品規制を強化し、国内製造・輸入に関わらず一律動物実験を義務付けてきましたが、2011年4月には、2013年3月11日のEUにおける動物実験した化粧品の販売禁止措置に反対する声明を出すなど、廃止へ向かう国際的な潮流に真っ向から抗う姿勢を見せてきました。
http://ec.europa.eu/consumers/sectors/cosmetics/files/pdf/animal_testing/at_responses/china_ia_2013_en.pdf

そのため、これまで動物実験していないとして評価を得ていたのに、中国に輸出していることで評価を取り消され顧客を失う化粧品会社がいくつも生まれてしまったのです。

しかし、この状況を危惧した動物保護団体や動物実験をしていない化粧品会社などによる粘り強い働きかけが奏功して、中国政府は、国内の一般化粧品に対して義務付けている動物実験を、今年6月から廃止する意向を表明しました。
http://usagi-o-sukue.sblo.jp/article/80432785.html

いまの段階では輸入化粧品は対象になっていませんが、ロゴナのように輸出停止を決める企業の出現は、中国政府へのプレッシャーとなっているはず。今後の対応が望まれます。
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 11:39 | TrackBack(0) | ニュース

2013年11月20日

化粧品の動物実験に関する意識調査についての論文がフレグランスジャーナルに掲載

創業以来「化粧品の動物実験反対」を打ち出してきた化粧品会社ラッシュジャパンを主体として、私たちJAVAなど4つの動物保護団体が協力して、今年の春、「化粧品のための動物実験に関する意識調査」を実施しましたが、その調査結果を分析した論文「化粧品開発における動物実験に関する意識調査 日本における一般消費者の態度」が、15日に発売された「フレグランスジャーナル(2013/11月号)」に掲載されました。

http://www.fragrance-j.co.jp/magazine/fragrance.html


「動物実験が必要なほど危険な成分を化粧品に使わないでほしい」―88.8%

「代替法の開発は重要だ」―85.6%

「化粧品の新規成分の開発は代替法ができるまで待っても良い」―77.7%


など、いまも動物実験を続けている化粧品会社に注目してもらうべきポイントが満載。
ぜひお求めください。

なお、この調査結果について、12月発行の会報"JAVA NEWS No.91"でも取り上げる予定です。

-----

「化粧品のための動物実験に関する意識調査」
実施主体:株式会社ラッシュジャパン
調査期間:2013年2月25日〜2月27日
調査方法:民間調査会社によるインターネット調査
調査対象:15〜69歳 男女 3,355名
※性別、年代別で人口構成比に準拠して実施
※この調査における化粧品には医薬部外品も含まれる
協力:NPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)、NPO法人アニマルライツセンター(ARC)、PEACE、Humane Society International(HSI
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 17:29 | TrackBack(0) | その他

2013年11月11日

中国が国内向け化粧品に対して動物実験廃止方針〜2014年6月から

Cruelty Free International(CFI)によると、中国食品薬品監督管理総局(CFDA)が、中国国内向けに生産されるシャンプーやスキンケア、香水などといった一般的な化粧品のために義務付けている動物実験を、2014年6月から廃止することを計画していることがわかりました!

http://www.crueltyfreeinternational.org/en/a/Non-animal-testing-cosmetics-breakthrough-reported-in-China

輸入化粧品に対しても一律動物実験を義務付けているとして悪評高かった中国ですが、今後、中国の対応次第によっては、いまだ一部化粧品と医薬部外品(薬用化粧品)に動物実験を義務付けている状態を放置したままの日本が、ワースト国として国際社会から非難を浴びる可能性も出てきてしまいました。

「日本でも化粧品の動物実験を廃止して!」
あなたからも、厚生労働省や、衆参の厚生労働委員に対して声を届けてください!

厚生労働省 国民の声
http://goo.gl/L4oj4

衆議院 厚生労働委員会 委員名簿
http://goo.gl/rC15i

参議院 厚生労働委員会 委員名簿
http://goo.gl/AAzb8Y


<以下、上記CFIウェブページ要旨>
中国で動物を犠牲にしない化粧品に急展開

中国食品薬品監督管理総局(CFDA)が、中国国内向けに生産されるシャンプーやスキンケア、香水などといった一般的な化粧品(※訳注1)のために義務付けている動物実験を、2014年6月から廃止することを計画していることがわかりました。
CFDAは、国内の化粧品業界に対して、動物実験という方法に代わり、EU化粧品規則のもとに規定されている「化粧品製品安全性報告書」と同様、化粧品原料の毒性プロファイルに基づいた安全性検証方法を採用すべきだとしています。
したがって、中国ではこれと同様、輸入化粧品や特殊用途化粧品(※訳注2)についても対応が検討されていくことになるでしょう。

化粧品のための動物実験の廃止は国際的な潮流であるにもかかわらず、そして、EUでは今年3月から動物実験を経た化粧品の取引(輸入販売)が違法となったにもかかわらず、中国ではこの問題への対応が遅れてきました。中国では、すべての化粧品に対して、政府系の研究施設において動物実験を行ったデータの提出が義務付けられてきました。このため、中国において化粧品を販売しようという企業は、例えばヨーロッパ向けに動物を犠牲にせずに試験を行い、さらに中国で動物を使った試験を許すという、二度の安全性試験を繰り返さなければならなかったのです。その結果、多くの企業は、動物実験をせずとも販売できるようになるまで、中国市場からの撤退を決めてきました。

中国において動物実験をせずに化粧品を販売できるようになるかもしれないという重要な進展は、中国内外の業界団体やCFIなど動物保護団体からの要請を受けて中国規制当局が協議した結果もたらされたものだと言えます(特に、CFIの政策担当者は今年初めと先月、上海と北京を訪れて働きかけを行いました)。

CFI代表のミシェル・シュー氏のコメント
「いま現在、詳細と最終的な確認文書を待っているところだが、(動物実験が義務付けられているために)中国での市場展開を拒否してきたエシカルな企業にとって状況が一変する可能性がでてきた。この動きに関して、中国に対して技術的支援と助言を提供してきた欧州委員会の役割を歓迎したい。
また、動物保護団体、業界団体、そして欧州委員会が一丸となって取り組んだ結果でもあると思っている。
この動きが、日本や韓国、その他諸国に対してよい影響を与えることを期待している」


※訳注1 中国では化粧品は「特殊用途化粧品」と「非特殊用途化粧品」に分けられています。今回の対象は「非特殊用途化粧品」です。「特殊用途化粧品」については注2を参照。

※訳注2 特殊用途化粧品(special use cosmetics)とは、例えば、育毛、染髪、パーマ、脱毛、美乳、健康美容、除臭、シミ取り、日焼け止め用の化粧品などが該当します。
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 17:35 | TrackBack(0) | ニュース

2013年08月26日

大手化粧品メーカー19社の回答

売上ランキング上位の化粧品メーカー19社に対して、動物実験に関する公開質問状を3月に送付しました。
4月に返ってきた回答に対して、確認や再質問などを行い、それらをまとめた結果を「ウサギを救え!化粧品の動物実験反対キャンペーン」サイトに掲載しました。

資生堂、マンダムに続き、動物実験をすでに廃止したメーカーもありましたので、ぜひご覧になってください。

●ウサギを救え!化粧品の動物実験反対キャンペーン
http://www.usagi-o-sukue.org/java02entry.php?eid=00020
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 16:57 | TrackBack(0) | 対企業

2013年08月07日

カネボウ化粧品回収「事故原因の調査究明に動物実験しないで」特別委員会に要望

皮膚がまだらに白くなる「白斑」症状を引き起こすとして、7月4日に自主回収が発表されたカネボウの美白化粧品
7月末のカネボウ化粧品の発表では、その被害の訴えは8600件を超え、症状が確認された人は3285人へと拡大。台湾など輸出先各国へも被害が広がっていると報道されています。

信頼して使い続けたカネボウ化粧品によって被害をこうむってしまった方々の早期救済が強く求められるところですが、私たちJAVAでは、同時に、事故原因究明のために、あらたに動物実験が行われるのではないかと懸念しています。

そこで、日本皮膚科学会に設置された「ロドデノール含有化粧品の安全性に関する特別委員会」に対して昨日、「ロドデノール含有化粧品の安全性検証に際する動物実験回避を求める要望書」を提出しました。

130806ロドデノール含有化粧品の安全性検証に際する動物実験回避を求める要望書.pdf

カネボウ化粧品は、開発した美白有効成分ロドデノールとそれを含む化粧品について、2006年夏に、PMDA(医薬品医療機器総合機構)に対して承認申請をしています(医薬部外品区分1)。
当時の申請資料によると、カネボウ化粧品は安全性試験はもちろん、有用性試験においても動物実験を行っており、動物を使って「白斑ができないこと」の確認試験も行っていました(※文末参照)。

つまり、モルモットの背中の毛を刈り、8日間毎日紫外線を照射し、毛を刈った部分に1日1回、28日間続けて、高濃度の薬物を繰り返し塗りこんだ後、再び6日間にわたって紫外線を照射して色素沈着の状況をみる、という実験です。

これらの動物実験等によって安全と判断されて市場にでたわけですが、この白斑事故が起きたことで「動物実験は人体への安全性を担保するものではない」ことが明らかになったわけです。
今春実施された化粧品の動物実験に関する意識調査でも、約9割にのぼる人が「動物実験が必要なほど危険な成分を化粧品に使わないでほしい」と答えていることなどを付け加え、特別委員会に対し「本件事故原因の調査・究明にあたって、あらたな動物実験を行わない」よう、強く要望しました。 


※「動物における白斑非形成の確認」
http://www.info.pmda.go.jp/bugaihin/Q200700002/index.html
(「カネボウ ホワイトニング エッセンスSに関する資料」のうち「効能又は効果に関する資料」より抜粋)

ホ-1-4-3 動物における白斑非形成の確認

目的
K166(※注1)試料の塗布により白斑が形成される可能性がないことを確認することを目的とし、動物における白斑非形成確認試験を行った。

方法
Kwl A-1系モルモット(雌)背部を毛刈りし、各動物に試験部位を4カ所設定した。試験1から8日目の毎日、試験部位に紫外線の照射を行った。照射線量は各〓(※注2)mJ/㎠とした。初回紫外線照射の直後から試験28日目まで各試験部位に1日1回、各100μLずつ試料塗布を行った。塗布試料は1.ハイドロキノン(以下HQと略す)用基材(グリセリン、蒸留水混合液(〓))、2.HQ試料 HQ用基材にHQを〓%になるように溶解調製したもの、3.K166用基材(グリセリン、エタノール、蒸留水混合液(4:3:3))、4.K166試料 K166用基材にK166を〓%になるように溶解調製したものの4種類とし、塗布部位はローテーションして振り分けた。試料塗布の終了した後の試験30日目から試験35日目までの毎日、試験部位に再度紫外線の照射を行った。
皮膚色を色彩色差計を用いて測定し、皮膚明度を表す知覚色度指数L*値を指標とした。L*値は低いほど明度が低く、色素沈着が進んでいることを示す。皮膚色の測定は試験開始時、試験8日目、試料塗布終了後の試験30日目、及び試験終了となる試験43日目に行い、△L*値を算出して評価した。

結果
試験開始時の明度との差である△L*値を図ホ-11、表ホ-13(※注3)に示した。対照薬剤のHQ塗布部位では試料塗布終了後の紫外線照射によっても色素沈着は亢進されなかった、一方、K166塗布部位では再び色素沈着が亢進された。このことからHQとは異なり、K166 の作用は、K166 の作用は、K166が除かれると解消される可逆的なものであることが確認された。

(抜粋終わり)

※注1:K166とは新有効成分「4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール」、いわゆる「ロドデノール」のこと
※注2:〓は黒塗り部分を示す
※注3:図ホ-11、表ホ-13は省略
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 16:12 | TrackBack(0) | アクション

「化粧品の動物実験に反対しています。」 著名人の皆さんからも続々と賛同をいただいています!

私たちJAVAが日本のローカルパートナーを、英国の自然派化粧品会社ザ・ボディショップがオフィシャルパートナーを務める、動物実験廃止を求める国際団体CFI(Cruelty Free International)が展開中の化粧品の動物実験反対キャンペーン。
著名人の皆さんからも続々とメッセージが届いています!

http://www.usagi-o-sukue.org/java04entry.php?eid=00021&categ=java04

「私、この映画観た!」
「ドラマも漫画も見たよ〜」
「いつもラジオ聴いてます」
「この人の音楽、好き☆」

などなど、あなたも知っているあの人が、化粧品の動物実験の廃止に向けて声を上げてくださいました。
動物や自然という声なき声に耳を傾けてくださる素晴らしい方々です。
ぜひ、この方々の作品や番組にアクセスしてみてくださいね。


※ザ・ボディショップ店頭におけるCFIの署名キャンペーンは7月31日で終了しました。
オンライン署名はまだ受け付けています!
こちらへ:
http://www.crueltyfreeinternational.org/ja/globalpledge
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 11:24 | TrackBack(0) | チャリティ

2013年07月17日

ICCR(化粧品規制協力国際会議)で動物実験禁止措置の導入を提言しました

去る7月9日、東京・内幸町で開かれたICCR-7(第7回化粧品規制協力国際会議)で、国内外の動物保護団体4団体が意見を述べるセッションが開かれ、私たちJAVAも参加してきました。

ICCRとは、EU、米国、日本、カナダの4か国の化粧品規制当局による会議体で「国際貿易への障壁を最小化しつつ、最高レベルの世界的な消費者保護を維持すること」が目的とされています。
今回は中国、ブラジル、韓国の規制当局もオブザーバーとして参加していました。

私たちJAVAは、今年3月11日にEUで化粧品の動物実験が完全に禁止(※)になったことを受けて:
1. ICCRとして「化粧品の動物実験は廃止すべきもの」という合意形成を行ない、
2. 加盟各国において速やかな禁止措置を導入するよう要望しました。
3. また、輸入化粧品に対して動物実験を義務付けている中国のICCRへの加盟を促し、動物実験廃止に向けて共同歩調を取るよう訴えました。

ICCR.jpg


詳しい模様は追ってウェブサイトに掲載します。


※EUではすでに化粧品の完成品(2004年9月〜)、原料(2009年3月〜)に対する動物実験を禁止、EU域外で動物実験が行われた化粧品の輸入販売(2009年3月〜)を禁止にしていましたが、輸入販売については一部例外がありました。2013年3月にはその例外も含めて動物実験が行なわれた化粧品の輸入販売が完全に禁止となりました。
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 16:30 | TrackBack(0) | アクション

2013年07月02日

インドで化粧品の動物実験が事実上の禁止に!

CFIHSIPETAなど国際的に活動を展開する動物保護団体による積極的な働きかけが奏功し、インドでは、化粧品のための動物実験の「事実上の禁止」が実現しました!

Cruelty Free International (28/06/2013)
Cruelty Free International welcomes reports that India has banned animal testing for cosmetics

PETA INDIA (28/06/2013)
DCGI Ends Cosmetic Testing on Animals

今年初め、インドが、化粧品安全基準(IS4011)の改訂作業のなかで、動物実験を排除する方向で検討していることが報道されましたが(※関連ブログ記事)、2月下旬にインドの規格局(Bureau of Indian Standards; BIS)化粧品部会が開いた緊急会議で、IS4011から、最後まで残っていた2つの動物実験(急性経口毒性(致死中毒)と口腔粘膜刺激性)を削除することを決定。
そして6月末、Drugs and Cosmetics Act 1940に基づく監視機関DCGI(Drug Controller General of India)もこれを認めたとのこと。
これによって、インドの化粧品メーカーは当局への申請時に動物実験を行うことができなくなりました。
つまり、インドにおいて化粧品のための動物実験が事実上禁止となったのです!
次は、インド以外の国や地域で動物実験が行われた化粧品やその原料の輸入販売禁止に向けて、早くもインド当局への働きかけが始まっています。

Humane Society International INDIA
India: Be Cruelty-Free by Banning Import and Sale of Animal Tested Cosmetics

アジアの一国であるインドの踏み出したステップは、日本の行政当局にも大きなインパクトになるはず。
日本でも、化粧品や医薬部外品のための動物実験を事実上禁止するよう、私たちも厚生労働省に対して働きかけていきましょう!

厚生労働省「国民の皆様の声」募集 送信フォーム
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html

過去のブログ記事です。ぜひ参考にしてください。
「化粧品の動物実験の実質的禁止を!」厚生労働大臣政務官に要請
http://usagi-o-sukue.sblo.jp/article/55517709.html

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 16:23 | TrackBack(0) | ニュース