2013年11月20日

化粧品の動物実験に関する意識調査についての論文がフレグランスジャーナルに掲載

創業以来「化粧品の動物実験反対」を打ち出してきた化粧品会社ラッシュジャパンを主体として、私たちJAVAなど4つの動物保護団体が協力して、今年の春、「化粧品のための動物実験に関する意識調査」を実施しましたが、その調査結果を分析した論文「化粧品開発における動物実験に関する意識調査 日本における一般消費者の態度」が、15日に発売された「フレグランスジャーナル(2013/11月号)」に掲載されました。

http://www.fragrance-j.co.jp/magazine/fragrance.html


「動物実験が必要なほど危険な成分を化粧品に使わないでほしい」―88.8%

「代替法の開発は重要だ」―85.6%

「化粧品の新規成分の開発は代替法ができるまで待っても良い」―77.7%


など、いまも動物実験を続けている化粧品会社に注目してもらうべきポイントが満載。
ぜひお求めください。

なお、この調査結果について、12月発行の会報"JAVA NEWS No.91"でも取り上げる予定です。

-----

「化粧品のための動物実験に関する意識調査」
実施主体:株式会社ラッシュジャパン
調査期間:2013年2月25日〜2月27日
調査方法:民間調査会社によるインターネット調査
調査対象:15〜69歳 男女 3,355名
※性別、年代別で人口構成比に準拠して実施
※この調査における化粧品には医薬部外品も含まれる
協力:NPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)、NPO法人アニマルライツセンター(ARC)、PEACE、Humane Society International(HSI
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 17:29 | TrackBack(0) | その他

2012年11月20日

「FACTA」(2012年12月号)に化粧品の動物実験に関する記事が掲載されています

本日発売の月刊情報誌「FACTA」(2012年12月号)に、化粧品の動物実験に関する記事が掲載されています。

ウサギは痛さで暴れ、失禁し、目はつぶれ、ひどい場合は腰を抜かして死ぬこともある。むごいよ
―――取材に応じた関係者のコメントとともに掲載された、眼刺激性試験のため実験に使われたウサギの写真を見て、政財界のキーパーソンが多いというFACTAの読者はどう感じてくれるでしょうか。

EUでの法規制から代替法開発の現状、そして動物愛護法改正で動物実験規制強化に反対した医系議員らの弁解まで網羅されています。
ぜひご一読ください。

「むごすぎる『化粧品の動物実験』」
https://facta.co.jp/article/201212040.html#

※FACTAは会員制年間定期購読雑誌ですが、東京、神奈川、名古屋、大阪、福岡の一部書店でも販売されています。詳しくはこちら
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 23:20 | TrackBack(0) | その他

2012年11月14日

あなたは「アニマルパーソン」?

「私はアニマルパーソン!」
こうつぶやいて、あなたも動物実験廃止に向けて立ち上がろう!

英国の化粧品会社ラッシュが今年創設した「ラッシュプライズ」。
動物実験の代替、そして廃止に向けて目覚ましい活躍を遂げた団体や個人に賞金を授与するというこの企画、記念すべき第一回目の授賞式を15日に控えて、新しいソーシャルメディア・キャンペーンが始まりました。

参加の仕方は簡単。
あなたがどんなに動物たちを愛しているか、それがわかる写真をTwitterかInstagramでアップロードするだけです!
ただし、ハッシュタグ #ANIMALPERSON を忘れずにつけてくださいね。

11月16日まで毎日、ラッシュが独断と偏見で選んだ写真に、ラッシュでのお買い物に使える100ポンド分のクーポンがプレゼントされるのだそう。
あなたとあなたの愛すべき動物たちの写真を、ぜひ投稿してください!

詳しくはこちら:
http://www.lushprize.org/animalperson/

こんなプロモーションビデオもあります:
http://www.youtube.com/watch?v=lLrsBEXhF-o&feature=youtu.be

----------

ところで、私たちJAVAもこのラッシュプライズのPublic Awareness(世論喚起)部門で最終選考に残っています。

http://www.lushprize.org/2012-short-list/

果たして栄冠は誰の手に…!?
発表は、当日までのお楽しみに…!

poster-full-16thnov.jpg
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 04:14 | TrackBack(0) | その他

2011年11月25日

動物愛護法改正に関するJAVAの意見書―パブコメを届けてください!


現在、環境省では「動物愛護及び管理に関する法律」および「動物愛護及び管理に関する法律の施行令」の改正に際して、パブリックコメントを募集しています(募集期間:平成23年11月8日(火)〜平成23年12月7日(水))。

私たちJAVAは、11月25日、次の意見書を環境省に提出しました。

「動物の愛護管理のあり方について(案)」に関する意見.pdf_
「動愛法施行令の一部を改正する政令案等の概要」に関する意見.pdf_


以下に、動物愛護管理のあり方検討小委員会の議論の中で取りまとめられた課題「実験動物の取り扱い」に対する部分を、上記意見書から抜粋して掲載します。

--------------------

5. 実験動物の取扱い
動物実験を減らしなくすことを目的として、3Rの原則を義務付け、下記のように条文を変更すべきである。

【現行法】
(動物を科学上の利用に供する場合の方法、事後措置等)
第四十一条 動物を教育、試験研究又は生物学的製剤の製造の用その他の科学上の利用に供する場合には、科学上の利用の目的を達することができる範囲において、できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用すること、できる限りその利用に供される動物の数を少なくすること等により動物を適切に利用することに配慮するものとする。
2 動物を科学上の利用に供する場合には、その利用に必要な限度において、できる限りその動物に苦痛を与えない方法によってしなければならない。
(第3、4項は変更なしのため省略)

【JAVAの要望】
(動物を科学上の利用に供する場合の方法、事後措置等)
第四十一条 動物を教育、試験研究又は生物学的製剤の製造の用その他の科学上の利用に供する場合には、できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用しなければならない。
2 動物を科学上の利用に供する場合には、できる限りその利用に供される動物の数を少なくしなければならない。
動物を科学上の利用に供する場合には、できる限りその動物に苦痛を与えない方法によってしなければならない。

(ア) 3R のすべてのR を義務規定とする
現行法第41 条では、3R のうちRefinement(動物の苦痛の軽減)のみ「しなければならない」義務として明記されているが、残る2つのR(Replacement:動物を用いない方法への置換え、Reduction:実験動物数の削減)については「配慮するものとする」にとどまっている。そこで、同条第一項ではReplacement を独立させ「できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用しなければならない」、第二項ではReduction を独立させて「できる限り動物の数を少なくしなければならない」とし、3Rのいずれをも義務規定とすべきである。

(イ) 限度や範囲などの制限を撤廃し3R の遵守を第一義とする
現行法第41 条には「科学上の利用の目的を達することができる範囲において」「その利用に必要な限度において」とあるため、3Rの原則を用いるか否かの裁量を利用者に委ねる状況になっている。利用者すなわち動物実験者の、3R の原則を遵守しようという意識は未だに極めて乏しく、現状においてこの規定は有名無実ないわゆるザル法になってしまっている。国際社会では常識とも言える3Rの原則を一刻も早く日本でも浸透させ、実効力を持たせるには、これら一文を削除することが不可欠である。

以上、3Rの実効性の向上に向けて上記のとおり条文を改正すべきである。さらに、これらを担保する方策として以下の施策を実施することを要望する。

(ウ) 関連省庁に担当窓口を設置する
3Rの実効性の向上に向けてどのような策を講じ、それらをどのように動物実験実施施設に課し、どのような効果を上げさせたか、について定期的に国が把握し、場合によっては改善を図る等するために、動物実験関連省庁に、3Rの担当窓口を設置すべきである。

(エ) 各省庁間の連絡会議を設置する
動物実験実施施設の所管は各省庁にまたがっていることから、上記(ウ)で設置した窓口の、各省庁間の連絡会議を設置し、3Rの実施状況について定期的に報告がなされるべきである。

(オ) 動物の苦痛軽減にあたって獣医師と実験動物技術者の役割を明確にする
Refinement(動物の苦痛軽減)について、獣医学的管理については獣医師の、看護的管理については実験動物技術者の、それぞれの役割を明確にすべきである。

なお、今次パブリックコメントは「動物取扱業の適正化を除く」との条件が付されているが、前回のパブリックコメント「動物取扱業の適正化について」の「2.各論」「(8)動物取扱業の業種追加の検討」中、記載がなかったのでここで改めて以下を要望する。

(カ) 実験動物繁殖業者および動物実験実施施設を動物取扱業として追加する
実験動物繁殖業者も動物実験実施施設も、生きた動物を扱うことを業としている以上、それらは動物取扱業の対象とし、規制することは当然と考える。よって、現行法第10 条の例外規定を削除し、一元的に実態把握が行われるべきである。

---------------------

ぜひ意見提出の参考にしていただき、一人でも多くの方から、動物の側に立った意見を届けてくださるよう、お願いいたします。


※意見の提出については、下記のページを参照してください。

「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14414

「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14412

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 20:18 | TrackBack(0) | その他

2011年11月11日

動物愛護法改正:2つのパブコメ募集開始―動物実験について意見を!


「動物愛護及び管理に関する法律」の改正に際して、この7月にはペットショップなどの「動物取扱業」の規制を含めた「動物取扱業の適正化(案)」に関するパブリックコメント(国民の意見)募集が行われましたが、環境省の発表によると10万件以上の意見が届けられたとのこと。
世間の関心の高さがうかがえます。
(このパブコメの集計結果はこちら

今度は、次の2つのパブリックコメント募集が始まりました。
<1>では、実験動物の取り扱いがテーマとしてあがっています。

<1>
「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」
(募集期間:11月8日(火)〜12月7日(水))
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14414

すでにパブコメ募集が行われた「動物取扱業の適正化」を除く部分(虐待防止、犬猫の引取り、実験動物の取扱い、繁殖制限、災害対応など)について、環境省の委員会で取りまとめられた案に対する意見募集です。
「動物取扱業の適正化について(案)」についても、今回の取りまとめ案との関係で新たな意見があれは一緒に提出することができます。

<2>
動物愛護法の施行令等の一部改正に関してのパブコメ募集
(募集期間:11月8日(火)〜12月7日(水))
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14412

「動物取扱業の適正化(案)」とこれに対するパブコメを踏まえ、環境省では動物愛護管理法施行令等の一部を改正することを検討しています。動物愛護法にかかわる施行令や規則、細目の改正で対応できる部分を法改正を待たずして施行しようとするものです。
オークション市場(せり市)、「老犬・老猫ホーム」をはじめとした譲り受けて飼養する業者の「動物取扱業」への追加、犬猫の夜間展示禁止等について挙げられています。

意見提出には提出方法や様式が決められています。
貴重な意見が無駄にならないように、上記、環境省のホームページの内容をご覧いただき、決まった方法や様式に則って意見を提出してください。
環境省は、このパブコメの結果をもとに改正法案を完成させ、来年国会に提出する予定です。

*****

JAVAが環境省に提出する意見は現在取りまとめ中ですが、ぜひ次の記事をご参照ください。

「日本動物実験代替法学会第23回大会シンポジウム講演報告 人道的科学の目指すべきゴールとは何か」
http://www.java-animal.org/jan/110925_3.htm
(※3Rsの実効性の向上に向けた、第41条の改正について)

「3Rsの実効性確保と実験動物の福祉向上―進む世界と遅れる日本」
http://www.java-animal.org/jan/111001.htm
(※実験動物の福祉を巡る国際的な動きと日本の動物実験推進派の動きについて)

「今週末が〆切です―動物愛護法改正パブリックコメント」
http://usagi-o-sukue.sblo.jp/article/47528517.html
(※実験動物繁殖業者や動物実験実施施設も例外なく動物取扱業として登録するべきである)

*****

動物愛護法が本当に動物のためになる法律になるよう、動物を想う皆さまからたくさんのご意見を届けてくださいますよう、ご協力をよろしくお願いいたします!

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 00:10 | TrackBack(0) | その他

2011年08月24日

今週末が〆切です―動物愛護法改正パブリックコメント


「動物愛護及び管理に関する法律」の5年に一度の改正に向けて、環境省中央環境審議会動物愛護部会に設置された「動物愛護管理のあり方検討小委員会」で約1年にわたって議論が重ねられてきました。

今回の改正の最大の論点となっている「動物取扱業の適正化」について、7月28日から募集が始まった環境省のパブリックコメント(国民からの意見公募のこと)の締め切りが今週末27日(土)に迫っています。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069


私たちJAVAは、8月22日、以下のとおりの意見書を環境省に提出いたしました。

「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見.pdf
 (上記「意見書」中のページ数、行数はいずれも環境省の「動物取扱業の適正化について(案)」からの引用です)


動物取扱業に関しては、主にペットショップでの深夜販売や犬猫のせり市の是非、そして幼い子犬子猫を親から離して販売する週齢などについて議論されてきました。
年間25万頭といわれる犬猫の殺処分を食い止めるためには、飼い主による終生飼育に対する意識の向上や不妊去勢手術の徹底、里親探しを行う動物ボランティア団体のサポートだけでなく、安易に捨てられてしまうような動物を減らすための環境づくり・法的整備がなんとしても必要です。

なお、今回のパブリックコメントに「(8)動物取扱業の業種追加の検討」という項目がありますが、今回候補に挙がっている業種は
 @動物の死体火葬・埋葬業者
 A両生類・魚類販売業者
 B老犬・老猫ホーム
 C動物の愛護を目的とする団体
 D教育・公益目的の団体
の5つで、畜産動物や実験動物を扱う業者が含まれていません。
JAVAとしては、なぜ実験動物繁殖業者や動物実験施設などが、今回の動物取扱業の追加業種の検討課題にすら上がっていないのか、疑問を呈しました。

いまだに動物実験を続けているような化粧品メーカー(OEMメーカー、原料メーカーを含む)は、今後は「動物取扱業」として登録されるべきなのです。

----------

動物たちはものを言うことができません。
当事者として声を上げることができません。
もしまだ意見を送っていない方がいらしたら、人間社会で虐げられたり苦しめられたりしている動物たちに代わって、少しでも動物たちの助けになるような法律に改正されるように、意見を届けてくださるよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。


※意見提出にあたっては環境省の「意見募集要領」をご覧ください。

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 13:35 | TrackBack(0) | その他

2011年03月30日

東日本大震災の被災者の皆様にお見舞い申し上げます

このたびの東日本大震災により、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

震災では人間だけでなく、家族の一員として暮らしていた犬猫などの動物たち、動物実験施設に収容されていた動物たち、家畜舎にいた動物たち、動物園・水族館にいた動物たちなども同様に犠牲になりました。動物たちにも、ここで哀悼の意を捧げます。

現在、緊急時災害動物救援本部をはじめ、いくつもの動物愛護団体が、現地での被災動物の支援・救出に当たってくださっています。
私たちJAVAでは、阪神大震災での動物飼育可公営住宅の設置を実現させた経験を生かして、動物同伴可能な避難所や仮設住宅、公営住宅の普及を働きかけているところです。

一方、この瞬間も動物実験に使われ、苦しめられている多くの動物たちがいます。JAVAでは、引き続き、動物実験の廃止に向けて取り組んでまいりますので、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

スタッフ一同、被災者の皆様のご健康と、一日も早い被災地の復興を、心よりお祈り申し上げます。


posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 22:13 | TrackBack(0) | その他

2011年03月08日

デヴィ夫人が動物の味方に!

さる2月26日、東京・渋谷で、動物愛護法改正を呼びかけるデモ行進が行われました(主催:日本動物虐待防止協会。参加者:約500人)。
http://nipponspca.com/2011/02/part1/
この日、私たちJAVAのメンバーも個人的に参加し、デモ行進参加者の皆さんに化粧品の動物実験反対を呼びかけるチラシを配らせていただきました。

このデモ行進には、著名人の方々の姿もチラホラ。
女優の浅田美代子さん、自民党の元衆議院議員で料理研究家の藤野真紀子さんなど、動物愛護活動に熱心に取り組んでおられる方々です。
その中にいらしたのがデヴィ夫人。
devi.JPG
昨日、デヴィ夫人がご自身のブログでこのデモ行進に参加したことを報告されているのですが、
叫び声すら出せない 悲惨な動物たち

注目はそのあとです。
悪質なブリーディング(繁殖)や、犬猫の殺処分、動物実験、毛皮・・・と動物たちの知られざる悲惨な実態について、たくさんの写真とともに綴られているのです。

デヴィ夫人といえば、毛皮をまとったゴージャスなイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
このブログで夫人は、ニューヨークで毛皮を着て歩いていたところトマトを投げつけられたというご自身のエピソードを紹介し「現在こんなに進化した世の中、毛皮のかわりになるようないくらでも素晴らしい素材は出来る気がします」とおっしゃっています。

社会的影響力の大きい芸能人の方々のなかにも、声を上げることのできない動物たちのために声を上げてくださる方がおられることを、とても心強く思います。

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 10:38 | TrackBack(0) | その他

2010年10月28日

新たにブログを立ち上げました

ウサギを救え!キャンペーンサイト内に設けていた「STAFF'S BLOG」のコーナーを新たに現ブログに移行しました。
しばらく更新が滞っていましたが、これからキャンペーンの情報をどんどん発信していきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 13:41 | TrackBack(0) | その他

2009年10月17日

毛皮反対デモ行進が行われます

秋冬の衣類や装飾品などに多用されている毛皮。
そのために、たくさんの動物たちが苦しめられ、殺されています。

今回は、NPO法人アニマルライツセンターが主催する毛皮反対デモ行進のお知らせです。

ぜひ、多くの方にご参加いただき、みんなで「毛皮反対!」をアピールしましょう!


(以下は、ARCから届いたご案内です)

日時: 2009年10月25日(日) 14時30分出発
(受付開始は13時、集会は13時45分より)
集合場所: 代々木公園B地区 NHK放送センター横のケヤキ並木道(渋谷寄り)
コース: 代々木公園→渋谷駅→表参道→出発地点(約1時間半のコース)

※予定が変更される場合もあります。サイトhttp://www.no-fur.com/をご確認ください。
※持ち物:プラカード 着ぐるみ等アピールするもの(なくてもOK)
※服装:黒っぽい服  歩きやすい靴
※小雨決行

<デモ参加登録方法>
件名に「参加」と記入し、本文に、氏名、参加日、参加人数を書いて
demo@no-fur.comにメールを送ってください
サイトhttp://www.no-fur.com/からも参加登録できます。
なお、参加登録なしでも、デモに参加可能です。

<懇親会>
デモ終了後、勤労福祉会館で、懇親会を開催します(2時間程度)。
席数の都合上、予約をお願いします。
demo@no-fur.com にメールを送ってください。

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 19:32 | TrackBack(0) | その他

2009年07月07日

英語のページを開設しました

本サイト上に、新たに英語のページを開設しました。
http://usagi-o-sukue.org/e/index.html
在日、在外を問わず、外国人のお知り合いの方にどんどん広めてください。
特にEU諸国の方々に!
ご協力、よろしくお願いします。

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 10:00 | TrackBack(0) | その他

2009年05月15日

FAQ新設しました

よく寄せられる質問(FAQ; Frequently Asked Questions)のコーナーを新設しました。

http://usagi-o-sukue.org/faq.html

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 13:45 | TrackBack(0) | その他

2009年02月18日

メンテナンス完了しました

ネット署名のクローズなど、ご迷惑おかけしましたが
本日全てのメンテナンスが終了いたしました。

3/8のデモ行進へのエントリーとネット署名へのご協力を
どうぞよろしくお願いします!

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 12:00 | TrackBack(0) | その他

2009年02月16日

メンテナンスのお知らせ

2月17日(火)0:00〜6:00頃の間、メンテナンスのためこちらのサイトに繋がらない可能性があります。
また、デモエントリーとネット署名は、その間停止させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

なお、ご使用のインターネットの環境によっては、サイトが表示されるまでに数日かかる場合もあります。

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 21:41 | TrackBack(0) | その他

2009年02月12日

ごめんなさい!

署名のエントリーフォームがいま工事中です。
近々、改善更新しますので、しばしお待ちを!
せっかく訪れてくださったのに、ごめんなさい!
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 09:00 | TrackBack(0) | その他

2009年02月07日

バナーご利用ください

立春を過ぎて日がのびてきました。
外は寒くても春の訪れを肌で感じると、自然に気持ちが前向きになります。

そんななか、満を持してスタートした「ウサギを救え!化粧品の動物実験反対キャンペーン」。

一刻も早く動物たちが実験の苦しみから解放されるように、動物たちにも平和な春が訪れるように、まずはぜひこのサイトの存在を広めてください。リンクフリーのバナーをご活用いただければ幸いです。

皆さんのご協力をよろしくお願いします!

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 12:00 | TrackBack(0) | その他

2009年02月06日

化粧品の動物実験反対キャンペーン

化粧品の動物実験反対キャンペーン専用サイトをオープンしました。
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 00:10 | TrackBack(0) | その他