2012年06月08日

実験動物に関して何の改正もナシ――業界の意向を受けた医系議員の抵抗


今回の動物愛護法の改正の議論のなかで、動物実験施設の届出制は論点の一つとなっており、私たちJAVAも動物実験施設および実験動物生産業者を「動物取扱業」として追加すべきだと主張してきました。
ところが、与党民主党の動物愛護対策ワーキングチーム(WT)が取りまとめた改正骨子では、動物実験を擁護する業界の意向を受けた医系議員らが動物実験の規制に猛反発したため、動物実験施設の届出制はおろか動物実験代替法3Rの義務化についても改正を見送るという状態に陥ってしまいました。

※一連の動きについては下記で見ることができます。

削除された「幻の改正案」 医師出身議員らが動物愛護法改正に抵抗
AERA 2012.6.11号(2012.6.4発売)
http://www.aera-net.jp/latest/

動物愛護法改正で「欧州並み」規制なるか
集中CONFIDENTIAL 2012.6.4
http://medical-confidential.com/confidential/2012/06/post-410.html

民主・環境部門会議 実験動物の規制見送り、医療界は警戒
日刊薬業 2012.6.6
http://nk.jiho.jp/servlet/nk/gyosei/article/1226568545228.html?pageKind=outline


この4月、民主党の動物愛護対策WTで検討された動物愛護法の改正骨子案には
 (1) 実験動物の飼養・保管に関する届出制度の創設
 (2) 代替法の活用及び実験動物利用数の削減を義務化する
との項目が盛り込まれていました。
その直後、動物実験を擁護する業界の意向を受けた与党民主党内の医師や薬剤師出身の議員らが大挙して反対し、5月半ばにはその医系議員らが「動物愛護法から実験動物に関する項目をはずし別の法律として制定する」という別法案を出してきました。

「実験動物に関する項目を動物愛護法からはずす」とは、「実験動物」が「愛護動物」の対象から除外され、動物を守るための規定が実験動物に適用されなくなることを意味します。
そのうえで、別の法律で実験動物(動物実験)を規定することができれば、動物実験擁護派は「日本には動物実験規制がない」という国内外の批判をかわすことができ、今まで以上に自分たちの思い通りに動物実験をやりやすい環境を整えられるというわけです。
つまり、医系議員らが出してきたこの別法案とは、動物を守る法律ではなく、動物実験を守る法律なのです。

法律は一度できてしまえばそれを廃止させることはほぼ不可能です。
別法の制定を許せば、今後50年、100年という長いスパンで、実験に使われる動物は密室に閉じ込められたままになってしまうでしょう。

自分たちの行う動物実験に国や社会の目が届かないように“聖域化”することに腐心し、3Rの実践や実験動物の福祉の向上といった、国際社会ではもはや当たり前となったルールに一向に向き合おうとしない日本の医学界・科学界。
いったいいつまで後ろ向きな抵抗を続けるつもりなのでしょうか?

*****

今回、民主党は動物愛護法の改正骨子をまとめる動きの中で、この<別法>という選択は回避したものの、政治的な取引によって、3Rの義務化や実験施設と実験動物生産業者の登録制など、実験動物に関することは何も改正しないと決めてしまったことはたいへん遺憾です。

今後、動物愛護法改正案は、与野党協議の場にかけられます。
今国会中に、動物愛護法が、真に動物を守る法律へと改正されるよう、声なき動物たちに代わって、引き続き、全力で働きかけていきたいと思います。


※動物実験擁護派による抵抗や海外の状況についてはこちらをご覧ください。

動物実験関連団体は動物愛護法改正にどんな意見を届けているのか
http://www.java-animal.org/jan/111212_3.htm

3Rsの実効性確保と実験動物の福祉向上―進む世界と遅れる日本
http://www.java-animal.org/jan/111001.htm

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 20:26 | TrackBack(0) | 動物実験

2009年11月12日

医薬部外品と動物実験について:イベントのご案内

***医薬部外品の製造販売承認申請における安全性に関する資料のあり方検討会報告の御案内***

日本の薬事法では、薬用化粧品や薬用はみがき粉といった医薬部外品に新規原料を配合する際、安全性試験として動物実験のデータの提出が義務付けられています。
医薬部外品の安全性試験における代替法の採用を目指して、厚生労働省の中に研究者による検討会が昨年立ちあがりました。
その検討会の進捗状況についての報告会が12月10日に東京・大田区産業プラザで開催されますので、ご案内いたします。

http://www.jacvam.jp/news/news091018.html

---以下、抜粋転載---

医薬部外品の製造販売承認申請における安全性に関する資料のあり方検討会報告を行います。300名様まで無料です。
参加登録は本ホームページのお問い合わせフォームから「あり方検討会参加希望」と明記の上、お申込みください。
 
日時: 平成21年12月10日(木)10:00-16:30
場所: 大田区産業プラザ(東京都大田区南蒲田)
 京急蒲田駅東口より徒歩3分
 http://www.pio-ota.jp/plaza/
参加費: 無料(事前参加申込者のみ 定員300名)
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 12:00 | TrackBack(0) | 動物実験

2009年11月03日

動物実験の動画が公開!

動物愛護先進国といわれる英国で、動物実験の生々しい映像が公開されました。
しわ取り剤のために行われる動物実験―人間の“美”のために、こんな残酷な動物の犠牲が本当に必要でしょうか。
ぜひ一人でも多くの人にご覧いただき、考えてみていただきたいと思います。


http://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/article6898099.ece

ザ・サンデー・タイムズ(The Sunday Times)
2009年11月1日記事


研究所職員、ボールペンで実験用マウスに損傷

ボトックスのライバル商品であるしわ取り剤の試験に使われている何千頭もの動物が、英国内務省認可の研究所で残酷かつ苦痛きわまる実験を受けていることが、潜入調査の結果判明した。

この映像は、ウィッカム・ラボラトリーズ社(Wickham Laboratories)内で隠しカメラにより撮影されたものだ。ウィッカム・ラボラトリーズはハンプシャーにある長年知られた研究所で、製薬会社の薬剤試験を行っているが、この映像では、不適格な職員がウサギに他の薬剤を注射している様子も映っている。

職員が注射を失敗し、もがいて暴れるウサギに暴言を吐く様子が映されている。薬剤が発熱を起こすかどうかを試験する実験で、ウサギは最大で8時間も「さらし台」のような固定具に固定されるのだ。

ウサギを使った試験の多くは、国の許可を得てはいるが、国際医薬品試験基準では必要とされていない。内務省はというと、「ウサギの代わりにヒトの血液細胞を用いた新技術」によって、いかにこのような試験を置き換えることができるかを説明し得意になっている。

英国動物実験廃止連合(BUAV)の調査員が撮影した映像により、政府は取り調べを開始することになった。内務省報道官は次のように述べている。「内務省ではこの申し立てを真摯に受け止め、さらに調査を進める緊急手続きをとっているところだ。動物を使った研究は正当化できる場合にのみ許可する。」

「内務省は最高基準を期待し、求めている。こうした基準が満たされていないと思われる証拠があれば徹底的に調査する。」

8ヶ月にわたって撮影された映像には、職員のひとりが同じウサギに何度も注射をしようした様子が映っている。

この職員はウサギのことを「チビくそ」、「面汚し」と呼んでいるのが記録されている。また、この職員はウサギに対し、「イヤリング」をつけることになるぞと警告した。注射の失敗によって耳に穴があくことを言っているのだ。ウサギの耳から出血していると別のスタッフが話しているも記録されている。

ウィッカム・ラボラトリーズの試験で使われる動物の福祉を監督する公認獣医師ウィリアム・カートメル氏(William Cartmell)は、同社の創設者であり、主要株主でもある。

昨夜、カートメル氏はこの事件が利害の対立を生じる可能性を否定し、自分は「専門家」なのだと述べた。

研究所の記録をBUAVが調べたところ、カートメル氏が毎週行う検査は15分という場合もあり、今年の3月に研究所を訪問したときにはわずか8分だった。カートメル氏は、検査は動物の適切な扱いと苦痛がないことを確認するのに十分であったと主張している。

「動物の健康状態は非常に高いレベルにあるので、調査時間は十分だ。ペットや畜産動物とは違い、研究所の動物は常に管理されているのだ」とカートメル氏は言う。

ボツリヌス毒素から製造される「ディスポート(Dysport)」は、英国では、眼瞼の不随意筋攣縮、顔部攣縮、筋肉痙攣などの症状を治療するために医療用に許可されている。

しかし、ディスポートは眉間や他の部分のしわを取る美容処置のためにボトックスに代わるものとして合法的に適応外使用されている。

薬剤については、安全性と適正な効能を確保するために、バッチ毎の試験が法で定められている。調査員がウィッカム・ラボラトリーズの記録を調べたところ、同研究所では今年1月から6月の期間にディスポートの試験に41,088匹のマウスが使用された。

使われた方法は半数致死量試験(LD50)であり、国が「非常に過酷な(very severe)」試験として分類している試験だ。マウスは毒素を注射される。そして、マウスは徐々に麻痺するのだ。映像では、マウスがうまく歩けなくなり、左右によろめいている様子が見られる。死亡する前に重度の呼吸困難に苦しんでいるマウスもいたようだ。
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 23:00 | TrackBack(0) | 動物実験