2015年03月09日

ウサギの目に薬物を注入するドレイズテスト、 麻酔と鎮痛薬の使用推奨へ

――
人間が誤って化粧品を目に入れてしまったときの刺激など毒性を調べるために、ウサギの片方の目に化学物質を強制的に点眼する眼刺激性試験(通称ドレイズテスト)。
実験されるウサギは、目を手足でこすらないように、頭だけが出る拘束器に入れられ、まぶたをクリップで固定されたまま、3〜4日間にわたって経過観察される。
麻酔をかけられていないため、あまりの痛みから大暴れし、首の骨を折って死んでしまうこともあるといわれている
――
Draize2.jpg
あまりに残酷だとして、1980年代から化粧品の動物実験反対運動の象徴的な実験となってきたこのドレイズテストは、1944年に米国の毒性学者ジョン・H・ドレイズ氏によって開発された手法で、信じがたいことに約70年が経った21世紀の今も、目の毒性試験として使われています。

人道的な実験のための指標として1959年にあらわされた3Rs(Replacement;代替法への置換、Reduction;実験動物数の削減、Refinement;実験動物の苦痛軽減)の広がりもあって、ウサギの痛みを緩和するために、OECDでは2012年10月2日に麻酔と鎮痛薬を使用するよう、ガイドラインを改訂しました。

それから2年半を経て、日本でもようやく化粧品・医薬部外品の承認申請に際して、麻酔・鎮痛薬を使用した方法の留意事項がまとまり、2月27日、厚生労働省が通知しました。


激痛に苛まれるより麻酔を使って痛みを少しでも和らげてあげられるのなら…これも一つの前進とみることはできます。
でも残念ながら、このような通知が出されても、麻酔を使う方法を使わなければならないという法的な強制力はありません。

近年、資生堂やマンダム、コーセー、ポーラといった名だたる企業が動物実験を自主的に廃止しています。
そんななか、必要なことは、実験への麻酔使用の推奨ではなく、動物実験の禁止ではないでしょうか?
動物を犠牲にしてでも安全性のわからない商品を開発して利益を上げたいという一部の残念な企業のために、動物実験という制度を残しておくべきではありません。

動物実験を続ける主な企業はこちら>
花王
クラシエ

再春館製薬所

富士フイルム

ホーユー
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 15:03 | TrackBack(0) | ニュース

2014年03月12日

米国で化粧品の動物実験禁止法案が提出されました

EUの化粧品の動物実験完全禁止から1年が経とうという3月5日、米国下院のジム・モーラン議員(@Jim_Moran)が、化粧品の動物実験を禁止する法案を下院議会に提出し、速やかな法案通過を訴えているとのニュースが届きました。

モーラン議員が提案した「人道的化粧品法(the Humane Cosmetic Act 正式名称はTo phase out cosmetic animal testing and the sale of cosmetics tested on animals)」が成立すれば、実験禁止については1年間の段階的導入期間、販売禁止については3年間の段階的導入期間を経て、禁止が実現することになります。

この法案の提案者は現在、モーラン議員一人のみで、共同提案者を募っているところです。追って下院の常任委員会に付託される予定ですが、委員会で審議され本会議へと上程され、成立の日の目をみるには、やはり数の力が必要。賛同する議員が増えることが望まれます。

●米国の下院議員に対して、同法案の共同提案者になるように求める署名が立ち上がっています。ぜひ、日本からも、アメリカの議員へ声を届けてください。

https://www.change.org/en-GB/petitions/us-house-of-representatives-please-join-cruelty-free-international-to-ask-your-representatives-to-become-co-sponsors-of-the-humane-cosmetics-act

*****

化粧品の動物実験を過去の遺物にしようと、いま、世界中のあちこちで動きが起きています。
そんななか、日本政府はなにをしているの?
まさか、まさか、まだなにもしていないの!?

●「日本でも化粧品の動物実験禁止を!」
あなたの声を、厚生労働省に届けてください。

厚生労働省「国民の皆様の声」募集 送信フォーム
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html

厚生労働大臣田村憲久議員の公式ホームページ
http://www.tamura-norihisa.jp/contact/index.html


posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 17:56 | TrackBack(0) | ニュース

2014年01月31日

ブラジル・サンパウロ州で化粧品の動物実験禁止法施行!1匹あたり4200万円の罰金

1月23日ブラジル・サンパウロ州で化粧品に対する動物実験を禁止する法律が州知事に承認され、1月24日に施行されました。
ラテンアメリカ諸国初の快挙です!

昨年秋、フェリシアーノ・フィーリョ州議会議員が議会に緊急提出したこの法案(Bill 777/2013)は、すでに12月11日に州議会で承認されていましたが、ジェラルド・アルキミン州知事のサインが待たれていました。
これにより、同法に違反した場合(つまり化粧品等に対して動物実験を行った場合)、その動物実験を実施した施設には動物1匹あたり100万レアル(日本円で約4200万円)の罰金が科されるとされています。

ブラジル国内に約2,300の化粧品企業があるとされるうち、3分の1弱にあたる約700社が存在しているサンパウロ州の決定が、今後、ブラジルの連邦政府に影響を与えていくことは必至です。
また、ブラジルは中南米の化粧品市場の58%ものシェアを占めていることから、ブラジルにとどまらず中南米全体に大きなインパクトを与えていくことになるでしょう。

この一連の動きの背景には、2013年10月17日に同州サンロッケ市にあるロイヤル研究所(Royal Institute)から、薬物の毒性試験に供されるビーグル犬178匹が劣悪な状況におかれていたところを救出されたという事件がありました(ロイヤル研究所はこの後閉鎖されました)。
この事件が発端となって、同州では動物実験に反対する機運が大きく盛り上がりました。
一方、アルキミン州知事は、この法案可決を、動物保護団体だけでなく、化粧品業界団体の代表者や獣医、生化学者、医師など研究者らと協議した結果だと説明しています。


EUから始まった化粧品の動物実験禁止の火が、イスラエル、インドへ広がり、いま南米ブラジルにも引火しました。
中国でも今年6月から廃止に向けた対応がとられます。
このまま日本だけがなにも対策を講じないわけにはいきません。

「日本でも化粧品の動物実験を廃止して!」

ぜひ厚生労働大臣へ声を届けてください!

-----

厚生労働省「国民の皆様の声」募集 送信フォーム
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html

田村憲久議員の公式ホームページ
http://www.tamura-norihisa.jp/contact/index.html

-----

参考サイト:

http://uk.news.yahoo.com/brazil-39-sao-paulo-state-bans-animal-testing-213308505.html

http://www.premiumbeautynews.com/en/sao-paulo-to-ban-animal-testing,6407?PHPSESSID=8ptt47rdqbo5bshrarigv75rq1

http://www.huffingtonpost.co.uk/troy-seidle/sao-paulo-brazil-introduc_b_4658952.html

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 11:43 | TrackBack(0) | ニュース

2014年01月07日

ナチュラルコスメのロゴナ、2013年12月より中国市場から撤退〜動物実験実施要求に反対して

あけましておめでとうございます。
今年も、1匹でも多くの動物たちが苦しみから解放されるよう尽力してまいりますので、どうぞ引き続き私たちJAVAへのご支援ご協力をよろしくお願いします。

さて、新年最初のポストは、化粧品会社のロゴナが、動物実験を義務付けている中国への輸出を取りやめたというニュースです。
昨年11月のリリースですが、ドイツ本社の公式サイトに掲載されています。

*****

ロゴナは2013年12月1日より中国向けの輸出を停止を決定しました
http://www.logona.de/en/kraeuterwiese/interesting-facts/article/show/rueckzug-aus-china-ein-klares-statement-gegen-tierversuche/

ロゴナを含む、ロゴコスブランドは、中国政府と様々な交渉を行ってきましたが、中国向けの輸出のための届出・承認には動物実験を行うようにとの要求があったため、動物保護の観点から即座に、中国向けには商品を出荷しないと決定しました。

*****

ロゴナといえばドイツ発祥のナチュラルコスメのパイオニア的存在。
動物実験を行わないだけでなく、動物実験反対というスタンスを明確にしています。
http://www.logona-friends.jp/concept/

13億の人口を抱える中国は、どの業界にとっても魅力的なマーケット。それをあきらめることは企業にとって決して容易なことではありません。
そのマーケットからの撤退を潔く決断し、今後も中国政府に対して化粧品の動物実験廃止を働きかけていくというロゴナ。このように信念を貫く企業をぜひとも応援していきたいですね。

一方で、やはり変わってもらうべきは中国です。
2009年頃より化粧品規制を強化し、国内製造・輸入に関わらず一律動物実験を義務付けてきましたが、2011年4月には、2013年3月11日のEUにおける動物実験した化粧品の販売禁止措置に反対する声明を出すなど、廃止へ向かう国際的な潮流に真っ向から抗う姿勢を見せてきました。
http://ec.europa.eu/consumers/sectors/cosmetics/files/pdf/animal_testing/at_responses/china_ia_2013_en.pdf

そのため、これまで動物実験していないとして評価を得ていたのに、中国に輸出していることで評価を取り消され顧客を失う化粧品会社がいくつも生まれてしまったのです。

しかし、この状況を危惧した動物保護団体や動物実験をしていない化粧品会社などによる粘り強い働きかけが奏功して、中国政府は、国内の一般化粧品に対して義務付けている動物実験を、今年6月から廃止する意向を表明しました。
http://usagi-o-sukue.sblo.jp/article/80432785.html

いまの段階では輸入化粧品は対象になっていませんが、ロゴナのように輸出停止を決める企業の出現は、中国政府へのプレッシャーとなっているはず。今後の対応が望まれます。
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 11:39 | TrackBack(0) | ニュース

2013年11月11日

中国が国内向け化粧品に対して動物実験廃止方針〜2014年6月から

Cruelty Free International(CFI)によると、中国食品薬品監督管理総局(CFDA)が、中国国内向けに生産されるシャンプーやスキンケア、香水などといった一般的な化粧品のために義務付けている動物実験を、2014年6月から廃止することを計画していることがわかりました!

http://www.crueltyfreeinternational.org/en/a/Non-animal-testing-cosmetics-breakthrough-reported-in-China

輸入化粧品に対しても一律動物実験を義務付けているとして悪評高かった中国ですが、今後、中国の対応次第によっては、いまだ一部化粧品と医薬部外品(薬用化粧品)に動物実験を義務付けている状態を放置したままの日本が、ワースト国として国際社会から非難を浴びる可能性も出てきてしまいました。

「日本でも化粧品の動物実験を廃止して!」
あなたからも、厚生労働省や、衆参の厚生労働委員に対して声を届けてください!

厚生労働省 国民の声
http://goo.gl/L4oj4

衆議院 厚生労働委員会 委員名簿
http://goo.gl/rC15i

参議院 厚生労働委員会 委員名簿
http://goo.gl/AAzb8Y


<以下、上記CFIウェブページ要旨>
中国で動物を犠牲にしない化粧品に急展開

中国食品薬品監督管理総局(CFDA)が、中国国内向けに生産されるシャンプーやスキンケア、香水などといった一般的な化粧品(※訳注1)のために義務付けている動物実験を、2014年6月から廃止することを計画していることがわかりました。
CFDAは、国内の化粧品業界に対して、動物実験という方法に代わり、EU化粧品規則のもとに規定されている「化粧品製品安全性報告書」と同様、化粧品原料の毒性プロファイルに基づいた安全性検証方法を採用すべきだとしています。
したがって、中国ではこれと同様、輸入化粧品や特殊用途化粧品(※訳注2)についても対応が検討されていくことになるでしょう。

化粧品のための動物実験の廃止は国際的な潮流であるにもかかわらず、そして、EUでは今年3月から動物実験を経た化粧品の取引(輸入販売)が違法となったにもかかわらず、中国ではこの問題への対応が遅れてきました。中国では、すべての化粧品に対して、政府系の研究施設において動物実験を行ったデータの提出が義務付けられてきました。このため、中国において化粧品を販売しようという企業は、例えばヨーロッパ向けに動物を犠牲にせずに試験を行い、さらに中国で動物を使った試験を許すという、二度の安全性試験を繰り返さなければならなかったのです。その結果、多くの企業は、動物実験をせずとも販売できるようになるまで、中国市場からの撤退を決めてきました。

中国において動物実験をせずに化粧品を販売できるようになるかもしれないという重要な進展は、中国内外の業界団体やCFIなど動物保護団体からの要請を受けて中国規制当局が協議した結果もたらされたものだと言えます(特に、CFIの政策担当者は今年初めと先月、上海と北京を訪れて働きかけを行いました)。

CFI代表のミシェル・シュー氏のコメント
「いま現在、詳細と最終的な確認文書を待っているところだが、(動物実験が義務付けられているために)中国での市場展開を拒否してきたエシカルな企業にとって状況が一変する可能性がでてきた。この動きに関して、中国に対して技術的支援と助言を提供してきた欧州委員会の役割を歓迎したい。
また、動物保護団体、業界団体、そして欧州委員会が一丸となって取り組んだ結果でもあると思っている。
この動きが、日本や韓国、その他諸国に対してよい影響を与えることを期待している」


※訳注1 中国では化粧品は「特殊用途化粧品」と「非特殊用途化粧品」に分けられています。今回の対象は「非特殊用途化粧品」です。「特殊用途化粧品」については注2を参照。

※訳注2 特殊用途化粧品(special use cosmetics)とは、例えば、育毛、染髪、パーマ、脱毛、美乳、健康美容、除臭、シミ取り、日焼け止め用の化粧品などが該当します。
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 17:35 | TrackBack(0) | ニュース

2013年07月02日

インドで化粧品の動物実験が事実上の禁止に!

CFIHSIPETAなど国際的に活動を展開する動物保護団体による積極的な働きかけが奏功し、インドでは、化粧品のための動物実験の「事実上の禁止」が実現しました!

Cruelty Free International (28/06/2013)
Cruelty Free International welcomes reports that India has banned animal testing for cosmetics

PETA INDIA (28/06/2013)
DCGI Ends Cosmetic Testing on Animals

今年初め、インドが、化粧品安全基準(IS4011)の改訂作業のなかで、動物実験を排除する方向で検討していることが報道されましたが(※関連ブログ記事)、2月下旬にインドの規格局(Bureau of Indian Standards; BIS)化粧品部会が開いた緊急会議で、IS4011から、最後まで残っていた2つの動物実験(急性経口毒性(致死中毒)と口腔粘膜刺激性)を削除することを決定。
そして6月末、Drugs and Cosmetics Act 1940に基づく監視機関DCGI(Drug Controller General of India)もこれを認めたとのこと。
これによって、インドの化粧品メーカーは当局への申請時に動物実験を行うことができなくなりました。
つまり、インドにおいて化粧品のための動物実験が事実上禁止となったのです!
次は、インド以外の国や地域で動物実験が行われた化粧品やその原料の輸入販売禁止に向けて、早くもインド当局への働きかけが始まっています。

Humane Society International INDIA
India: Be Cruelty-Free by Banning Import and Sale of Animal Tested Cosmetics

アジアの一国であるインドの踏み出したステップは、日本の行政当局にも大きなインパクトになるはず。
日本でも、化粧品や医薬部外品のための動物実験を事実上禁止するよう、私たちも厚生労働省に対して働きかけていきましょう!

厚生労働省「国民の皆様の声」募集 送信フォーム
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html

過去のブログ記事です。ぜひ参考にしてください。
「化粧品の動物実験の実質的禁止を!」厚生労働大臣政務官に要請
http://usagi-o-sukue.sblo.jp/article/55517709.html

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 16:23 | TrackBack(0) | ニュース

2013年04月01日

本日発売のアエラに化粧品の動物実験に関する記事が掲載されています

本日発売のアエラ('13.4.8増大号)に以下の記事が掲載されています。

「動物実験やめた資生堂が投じた一石」
たかが人間「美白」のため、動物が犠牲になる。そんな状況を放置していていいのか。まず、化粧品最大手の資生堂が動物実験廃止を決断した。続く企業は出るのだろうか。

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=14817
(※記事の閲覧はできません)


アエラの記者がいくつかの大手化粧品メーカーに対して独自に取材をした結果が書かれています。

最大手資生堂に続いて廃止を決断するかどうかの注目が集まる業界第2位の花王は何と回答しているのかというと
「(動物実験の存廃について)回答しない」!?


そしてもう一つ、驚くのは富士フイルムの回答です。
2010年秋の段階でJAVAの公開質問に対して「他社・他機関に動物実験を委託している」と回答していたにもかかわらず、アエラの取材に対して
「既に2008年以降、廃止している」!?


ぜひ、本誌をお手に取ってご覧ください。


*****


私たちJAVAでは、3月29日付で、国内大手化粧品メーカー19社に対して、化粧品等の動物実験に関する公開質問状を送付しました。

送付先メーカー:
花王/カネボウ化粧品/コーセー/P&Gジャパン/富士フイルムヘルスケアラボラトリー/サンスター/ノエビア/ポーラ/日本メナード化粧品/ライオン/ユニリーバ・ジャパン/ホーユー/アルビオン/日本ロレアル/ファンケル/ピアス/再春館製薬所/ロート製薬/クラシエホームプロダクツ


その結果は、追って、ウェブサイト等でご紹介していきますので、引き続きご注目ください!

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 15:56 | TrackBack(0) | ニュース

2013年02月01日

【化粧品の動物実験】EU、2013年3月11日から例外なき全面的な禁止が確定!

私たちJAVAのキャンペーンパートナーである英国のCruelty Free Internationalからの情報によると、2009年3月11日から禁止されている、動物実験がされた化粧品の販売について、例外として一部の試験において許されていた動物実験についても、2013年3月11日で「延期されることなく」全面的に禁止されることがわかりました!

EUは2004年9月からEU域内での化粧品(完成品)に対する動物実験を、2009年3月から化粧品の原料に対する動物実験を禁止。
それだけでなく、2009年3月からはEU以外の国で動物実験がされた化粧品の輸入販売をも禁止していました。
でもこの「販売禁止」についてのみ、一部の試験においては動物実験が許されるという例外がありました。
この例外に関しては、2013年3月に全面的に禁止することが決まっていたものの、一方で動物実験をやめたくない化粧品業界の圧力によって、最大で10年延期されるのではないか、と懸念されてきました。
世界中の動物保護団体は「延期なき禁止」を実現させるために日夜奮闘を重ねてきました。

そして、期限まであと1か月に迫った1月30日、ようやく「延期なき禁止」が確約※―――私たちの勝利が決まったのです!


私たちはこの勝利を糧に、日本での廃止を実現させるために、がんばってまいります!

Draize2.jpg

「ウサギは痛さで暴れ、失禁し、目はつぶれ、ひどい場合は腰を抜かして死ぬこともある。むごいよ」と関係者に言わしめる化粧品の動物実験。日本ではほとんどの大手化粧品メーカーがこのような実験を行っている


※注

http://www.crueltyfreeinternational.org/en/a/EU-set-to-ban-animal-testing-for-cosmetics-forever
「欧州委員会の保健・消費者政策担当として新たに就任したトニオ・ボルジ(Tonio Borg)委員が、最近ECEAE(the European Coalition to End Animal Testing)に宛てた書簡のなかで「禁止措置は予定どおり実施する」と明言しています。
『欧州議会および欧州委員会がすでに決定したように、私はこの禁止措置を2013年3月に発効させるべきだと考えています。したがって、禁止措置を延期したり、一部廃止を提案するつもりはありません。今回の決定は、私たちが動物実験に代わる代替法の開発・評価・行政的受け入れを進めるためにさらなる努力をしなければならないことを意味しています。動物実験代替法に対する国際的な認識を高めるためのより一層の努力も必要です。私はECEAEがこの分野における、貴重かつ経験豊かなパートナーだと思っています。引き続きご協力をお願いします』」

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=324534397663587&set=a.193399254110436.41033.157492274367801&type=1
ECEAEおよびCFI(Cruelty Free International)の創設団体である英国の動物保護団体BUAV(British Union for the Abolition of Vivisection)の代表ミシェル・シュー氏が、1月30日にトニオ・ボルジ委員と会談したところ、「2013年3月11日に禁止措置を発効する」ことを個人的に確約した、とCFIのFacebookで伝えられました。

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 22:49 | TrackBack(0) | ニュース

2013年01月17日

イスラエルに続きインドでも化粧品の動物実験禁止の波が!


2013年3月11日―――
まもなくやってくる、EUの化粧品の動物実験全面禁止(※)のデッドライン。
この待ちに待ったデッドラインが、動物実験をやめたくない化粧品業界の圧力によって延期されるのではないかとの憶測が長い間流れてきました。
このデッドラインをどうするかについて、EU委員会はまだ最終的な判断を下していません。

そんなEUを尻目に、イスラエルやインドでは化粧品の動物実験禁止のうねりが起きています!

イスラエル
「動物実験が行われた商品への輸入禁止が施行へ」
Import ban on anima-tested products goes into effect /The Times of Israel
2013年1月1日 THE TIMES OF ISRAEL
http://www.timesofisrael.com/import-ban-on-animal-tested-products-goes-into-effect/

2013年1月1日、イスラエルで動物を用いて実験が行われた化粧品、トイレタリー製品、洗剤などの商品の輸入が禁止されました。
イスラエルではすでに2007年から国内での化粧品に対する動物実験が禁止されていますが、この輸入禁止により、今年から、イスラエル国内には動物実験された化粧品が一切流通しないことになります。
この「実験禁止」と「(輸入)販売禁止」の二段階措置はEUのモデルにならったものです。

インド
「化粧品の動物実験禁止へ?」
India may ban testing cosmetics on animals ?
2013年1月7日 THE TIMES OF INDIA
http://timesofindia.indiatimes.com/india/India-may-ban-testing-cosmetics-on-animals/articleshow/17918846.cms

インドが化粧品の動物実験の全面的な禁止に向けて動いているとの報道がありました。
現在インドでは、化粧品の安全性試験方法の改訂作業が行われていますが、インドの医薬品規制当局(DCGI)のシン博士は「国家医薬品基準管理機構(CDSCO)が化粧品の動物実験禁止の可能性について調査をしている」と明らかにしたとのこと。
また「アメリカやEUで化粧品に対して動物実験が義務付けられたものでないのなら、インドでも(化粧品に対する)動物実験は必要ないだろう」とも述べています。

*****

これら各国の動きが、EU委員会に「延期はなし!」という決断させる強い後押しとなることを期待します。
そして、インドの規制当局が「化粧品の動物実験は必要ない」と判断するのなら、日本の当局にもその判断ができないはずはありません。
インドの動きを見守りながら、日本でも負けずに動物実験廃止へのうねりを作っていきたいと思います!


※EUでは、化粧品の完成品については2004年9月11日から、原料については2009年3月11日から、動物実験を実施することを禁止しています。
また、EU以外の国で動物実験がなされた化粧品(完成品、原料ともに)を輸入販売することも、2009年3月11日から禁止しています。
ところがこの「販売禁止」は、反復投与毒性試験、生殖発生毒性試験、毒物動態試験については動物実験を認めるという「例外」が設けられています。
しかし、その例外も含めて、EUから「全面的に化粧品の動物実験が締め出される」、そのデッドラインが2013年3月11日と定められています。
(Directive 2003/15/EC)

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 17:53 | TrackBack(0) | ニュース