2013年08月07日

「化粧品の動物実験に反対しています。」 著名人の皆さんからも続々と賛同をいただいています!

私たちJAVAが日本のローカルパートナーを、英国の自然派化粧品会社ザ・ボディショップがオフィシャルパートナーを務める、動物実験廃止を求める国際団体CFI(Cruelty Free International)が展開中の化粧品の動物実験反対キャンペーン。
著名人の皆さんからも続々とメッセージが届いています!

http://www.usagi-o-sukue.org/java04entry.php?eid=00021&categ=java04

「私、この映画観た!」
「ドラマも漫画も見たよ〜」
「いつもラジオ聴いてます」
「この人の音楽、好き☆」

などなど、あなたも知っているあの人が、化粧品の動物実験の廃止に向けて声を上げてくださいました。
動物や自然という声なき声に耳を傾けてくださる素晴らしい方々です。
ぜひ、この方々の作品や番組にアクセスしてみてくださいね。


※ザ・ボディショップ店頭におけるCFIの署名キャンペーンは7月31日で終了しました。
オンライン署名はまだ受け付けています!
こちらへ:
http://www.crueltyfreeinternational.org/ja/globalpledge
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 11:24 | TrackBack(0) | チャリティ

2012年11月26日

ラッシュのFIGHTING ANIMAL TESTINGロゴ入りバッグ、12月26日に発売!

“美しい”に犠牲は必要ですか?
ラッシュのFIGHTING ANIMAL TESTINGのロゴ入りコットンバッグ(FATバッグ)が12月26日に発売されます!

http://www.lushjapan.com/contents/n_animal/index.asp

ウサギが2匹、向き合ってパンチを繰り出すシルエットは、もうみなさんご存知ですよね?
そう、化粧品会社ラッシュの「化粧品の動物実験と全力で戦う」、その強い姿勢を込めたロゴマークです。

fat_logo-1.jpg


この熱くてクールなロゴが入ったコットンバッグが、年末の12月26日から発売されることが決まりました。
そして、なんともうれしいことに、このバッグの売上全額(消費税を除く)を、私たちJAVAをはじめとする国内の3つの動物保護団体(アニマルライツセンターPEACE)に寄付していただけるというのです。
どうもありがとうございます!

通勤に、通学に、お出かけに、ショッピングに…
このバッグを持って、みんなに見せびらかして、「化粧品の動物実験にNO!」を発信していきましょう!

それでは、発売まであと一か月、お楽しみに…!

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 20:25 | TrackBack(0) | チャリティ

2012年11月23日

2012ラッシュプライズ、世論喚起部門でJAVAが受賞しました!

化粧品の動物実験をなくすために――
英国の化粧品会社ラッシュが今年6月に創設した「ラッシュプライズ」。
「代替法開発」「教育」「ロビー活動」「世論喚起」「若手研究者」の5部門で目覚ましい活躍を遂げた団体または個人に、賞金(各部門5万ポンド:約650万円)が与えられるというこの企画。
なんと、私たちJAVAが、記念すべき第一回目の“Public Awareness(世論喚起)”部門の最優秀受賞者に輝きました!(賞金額3万ポンド)

Java_Japan_2_Public_awareness_prize (1280x853).jpg
11月15日、ロンドンで行われた授賞式に出席してきました
手にしているのは戦うウサギの姿を模したトロフィー


私たちJAVAが受賞したプロジェクトは2009年から展開してきた「ウサギを救え!化粧品の動物実験反対キャンペーン」。
受賞の決め手となったのは、署名、デモ行進、株主総会会場でのアピール行動など積極的なアクションを通じて最大手の資生堂に動物実験廃止を決断させたこと。
受賞スピーチでは、スライドで写真を使いながら日本での生き生きした活動の様子を伝えると、会場から大きな拍手と歓声が沸き起こりました!

DSC_1932.JPG
オシャレにライトアップされた授賞式の会場



日本の動物実験反対運動が海外で評価を得たことはとても大きなことです。
この受賞をバネに、動物実験廃止というゴールに向けて、飛び跳ねるウサギのごとく!さらなる飛躍を遂げていきたいと思います!
ぜひ皆さんも、私たちと一緒にがんばっていきましょう!


各部門の受賞者と授賞プロジェクトおよび賞金額はこちら
http://www.lushprize.org/the-2012-prize-winners-are/

Science Prize(代替法開発部門)
Institute for Health and Consumer Protection, Italy
(保健・消費者保護研究所,イタリア)
 /毒性経路等に関する研究
 /£50,000

Lobbying Prize(ロビー活動部門)
Humane Society International
(国際人道協会(HSI))
 /EUでの非食品類に対する農薬規制から動物実験を除外するための働きかけ
 /£40,000
Federation of Indian Animal Protection Organisations, India
(インド動物保護団体連合)
 /インドにおける動物実験の調査及びロビー活動
 /£5,000
People for the Ethical Treatment of Animals, India
(動物への倫理的扱いを求める人々(PETA),インド)
 /インド政府に対する化粧品の動物実験禁止のアプローチ
 /£5,000

Training Prize(教育部門)
Institute for In Vitro Sciences, USA
(インヴィトロサイエンス研究所,米国)
 /ブラジルから日本に至る研究者向けの活発な教育訓練
 /£25,000
InterNICHE
(インターニーシェ)
 /旧ソ連,南米およびアフリカ諸国に対する教育活動
 /£25,000

Public Awareness(世論喚起部門)
Japan Anti-Vivisection Association, Japan
(動物実験の廃止を求める会,日本)
 /資生堂に対する動物実験反対キャンペーン
 /£30,000
Decipher Films, Canada
(ディサイファー・フィルムズ カナダの映像制作会社)
 /“最大耐量”というタイトルの動物実験に関する映像作品
 /£10,000
VITA Animal Rights Centre, Russia
(VITAアニマルライツセンター,ロシア)
 /ロシアのマスコミを通じての世論喚起
 /£10,000

Young Researcher Prize(若手研究者部門)
Elizabeth Woehrling, UK
(エリザベス・ワーリング,英国)
 /神経毒性に対する新たなインヴィトロ研究
 /£12,500
Felix Rivera-Mariani, USA
(フィーリックス・リヴェラ-マリアーニ,米国)
 /既存の動物非使用試験から新たな分野への開拓
 /£12,500
Chiara Scanarotti, Italy
(キアラ・スキャナロッティ,イタリア)
 /皮膚感作性と化学合成物質に関する研究
 /£12,500
Line Mathiesen, Norway
(リネ・マティーセン,ノルウェー)
 /プラセンタ組織に対する毒物の影響
 /£12,500

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 00:14 | TrackBack(0) | チャリティ

2012年10月09日

「ラッシュプライズ」の最終選考に残りました!

化粧品の動物実験をなくすために――
英国の化粧品会社ラッシュがこの6月に創設した「ラッシュプライズ」。

(英語サイト)
http://www.lushprize.org/
(ラッシュジャパンによるニュースリリース)
http://www.lushjapan.com/ethical/press/120621.pdf 

次の5部門で世界中の団体や個人から応募を受け付け、審査委員による選考を経て、各部門の受賞者には各5万ポンド(約600万円)の賞金が与えられるという、研究者やNGOにとってはなんとも垂涎の企画です。

・Science Prize:動物実験に代わる代替法の開発
・Training Prize:動物を使用しない代替法研究者の育成
・Lobbying Prize:代替法の利用促進のためのロビー活動
・Public Awareness Prize:動物実験に関する世論喚起
・Young Researcher Prize:若手研究者による代替法研究

私たちJAVAは"Public Awareness(世論喚起)"の部門に応募していたのですが、資生堂に対する動物実験反対キャンペーンとその成果が認められ、昨日発表になった最終選考者リスト(Short List)に、見事残ることができました!

http://www.lushprize.org/2012-short-list/

この後、審査委員による選考が10月15日(月)に行なわれ、そこで受賞が決まった団体(または個人)は11月15日(木)にロンドンで行われる授賞式に出席することになります。

告知から2か月半の間に世界中から180以上の応募があったとのこと。
世論喚起部門の最終選考者リストには、JAVAの他、ヨーロッパの動物保護団体や研究者映像制作会社など、強豪6者が名を連ねています。
ここで勝ち残ることができるかどうか…いまから一同ドキドキです!
選考会まであと一週間、皆さまどうかあたたかく見守ってください!

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 15:47 | TrackBack(0) | チャリティ

2012年09月24日

ザ・ボディショップでチャリティリップバター販売スタートしています


店頭での化粧品の動物実験に反対する署名集めが9月13日に終了して、その翌日から今度はザ・ボディショップでチャリティリップバターの販売が始まりました。
社会をもっと良くするために、草の根的な活動をしている団体をサポートしようとはじまったこのキャンペーン、9月14日より発売になったチャリティリップバターひとつお買い上げごとに、100円がNGOに寄付されるというものです。
寄付先として【人権擁護】【環境保護】【動物愛護】の3つのカテゴリから1団体が決まっており、私たちJAVAは【動物愛護】のカテゴリで選出していただきました!

チャリティ実施期間:2012年9月14日(金)〜11月1日(木)
※商品がなくなり次第、投票は終了いたします。

寄付先団体(店頭ではいずれか一つに投票できます):
1.動物愛護/NPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)
(化粧品のための動物実験をなくす)
 http://www.java-animal.org/
2.人権擁護/ポラリスプロジェクト
(女性や子どもを中心に人身売買根絶につとめる)
 http://www.polarisproject.jp/ 
3.環境保護/仙台ミツバチプロジェクト
(ミツバチを通じ環境保全につとめる)
 http://sen-pachi.jp/

今回注目したいのは、お買い上げの際お客さまに支援したい活動(団体)に投票してもらうという新しい試み。
どの団体のどの活動も、いまの社会に欠かせない貴重なものですよね…
でももし、動物たちの声なき声に耳を傾けてくださるなら、ぜひ私たちJAVAの活動に、あなたの清き一票を、どうぞよろしくお願いいたします!

lipbutter.jpg
<チャリティ リップバター ドラゴンフルーツ>
バターのようになめらかにとけるテクスチャーのリップバター。
スキンコンディショニング成分・ドラゴンフルーツエキスと、コミュニティ・フェアトレードを通じて調達したシアバター、ミツロウが乾燥やあれを防いで、うるおいのあるしっとりした唇を保ちます。ドラゴンフルーツのジューシィな香りです。
(ザ・ボディショップの商品説明より)


▼チャリティリップバター詳細
http://shop.the-body-shop.co.jp/ec/html/item/001/030/item29883.html


追伸:
化粧品のための動物実験に反対する署名は現在カウント中とのこと。どのくらい数が伸びているかドキドキです!発表までもう少しお待ちくださいね。
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 15:56 | TrackBack(0) | チャリティ