2014年03月12日

米国で化粧品の動物実験禁止法案が提出されました

EUの化粧品の動物実験完全禁止から1年が経とうという3月5日、米国下院のジム・モーラン議員(@Jim_Moran)が、化粧品の動物実験を禁止する法案を下院議会に提出し、速やかな法案通過を訴えているとのニュースが届きました。

モーラン議員が提案した「人道的化粧品法(the Humane Cosmetic Act 正式名称はTo phase out cosmetic animal testing and the sale of cosmetics tested on animals)」が成立すれば、実験禁止については1年間の段階的導入期間、販売禁止については3年間の段階的導入期間を経て、禁止が実現することになります。

この法案の提案者は現在、モーラン議員一人のみで、共同提案者を募っているところです。追って下院の常任委員会に付託される予定ですが、委員会で審議され本会議へと上程され、成立の日の目をみるには、やはり数の力が必要。賛同する議員が増えることが望まれます。

●米国の下院議員に対して、同法案の共同提案者になるように求める署名が立ち上がっています。ぜひ、日本からも、アメリカの議員へ声を届けてください。

https://www.change.org/en-GB/petitions/us-house-of-representatives-please-join-cruelty-free-international-to-ask-your-representatives-to-become-co-sponsors-of-the-humane-cosmetics-act

*****

化粧品の動物実験を過去の遺物にしようと、いま、世界中のあちこちで動きが起きています。
そんななか、日本政府はなにをしているの?
まさか、まさか、まだなにもしていないの!?

●「日本でも化粧品の動物実験禁止を!」
あなたの声を、厚生労働省に届けてください。

厚生労働省「国民の皆様の声」募集 送信フォーム
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html

厚生労働大臣田村憲久議員の公式ホームページ
http://www.tamura-norihisa.jp/contact/index.html


posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 17:56 | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90268004
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック