2014年01月31日

ブラジル・サンパウロ州で化粧品の動物実験禁止法施行!1匹あたり4200万円の罰金

1月23日ブラジル・サンパウロ州で化粧品に対する動物実験を禁止する法律が州知事に承認され、1月24日に施行されました。
ラテンアメリカ諸国初の快挙です!

昨年秋、フェリシアーノ・フィーリョ州議会議員が議会に緊急提出したこの法案(Bill 777/2013)は、すでに12月11日に州議会で承認されていましたが、ジェラルド・アルキミン州知事のサインが待たれていました。
これにより、同法に違反した場合(つまり化粧品等に対して動物実験を行った場合)、その動物実験を実施した施設には動物1匹あたり100万レアル(日本円で約4200万円)の罰金が科されるとされています。

ブラジル国内に約2,300の化粧品企業があるとされるうち、3分の1弱にあたる約700社が存在しているサンパウロ州の決定が、今後、ブラジルの連邦政府に影響を与えていくことは必至です。
また、ブラジルは中南米の化粧品市場の58%ものシェアを占めていることから、ブラジルにとどまらず中南米全体に大きなインパクトを与えていくことになるでしょう。

この一連の動きの背景には、2013年10月17日に同州サンロッケ市にあるロイヤル研究所(Royal Institute)から、薬物の毒性試験に供されるビーグル犬178匹が劣悪な状況におかれていたところを救出されたという事件がありました(ロイヤル研究所はこの後閉鎖されました)。
この事件が発端となって、同州では動物実験に反対する機運が大きく盛り上がりました。
一方、アルキミン州知事は、この法案可決を、動物保護団体だけでなく、化粧品業界団体の代表者や獣医、生化学者、医師など研究者らと協議した結果だと説明しています。


EUから始まった化粧品の動物実験禁止の火が、イスラエル、インドへ広がり、いま南米ブラジルにも引火しました。
中国でも今年6月から廃止に向けた対応がとられます。
このまま日本だけがなにも対策を講じないわけにはいきません。

「日本でも化粧品の動物実験を廃止して!」

ぜひ厚生労働大臣へ声を届けてください!

-----

厚生労働省「国民の皆様の声」募集 送信フォーム
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html

田村憲久議員の公式ホームページ
http://www.tamura-norihisa.jp/contact/index.html

-----

参考サイト:

http://uk.news.yahoo.com/brazil-39-sao-paulo-state-bans-animal-testing-213308505.html

http://www.premiumbeautynews.com/en/sao-paulo-to-ban-animal-testing,6407?PHPSESSID=8ptt47rdqbo5bshrarigv75rq1

http://www.huffingtonpost.co.uk/troy-seidle/sao-paulo-brazil-introduc_b_4658952.html

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 11:43 | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86431236
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック