2013年11月20日

化粧品の動物実験に関する意識調査についての論文がフレグランスジャーナルに掲載

創業以来「化粧品の動物実験反対」を打ち出してきた化粧品会社ラッシュジャパンを主体として、私たちJAVAなど4つの動物保護団体が協力して、今年の春、「化粧品のための動物実験に関する意識調査」を実施しましたが、その調査結果を分析した論文「化粧品開発における動物実験に関する意識調査 日本における一般消費者の態度」が、15日に発売された「フレグランスジャーナル(2013/11月号)」に掲載されました。

http://www.fragrance-j.co.jp/magazine/fragrance.html


「動物実験が必要なほど危険な成分を化粧品に使わないでほしい」―88.8%

「代替法の開発は重要だ」―85.6%

「化粧品の新規成分の開発は代替法ができるまで待っても良い」―77.7%


など、いまも動物実験を続けている化粧品会社に注目してもらうべきポイントが満載。
ぜひお求めください。

なお、この調査結果について、12月発行の会報"JAVA NEWS No.91"でも取り上げる予定です。

-----

「化粧品のための動物実験に関する意識調査」
実施主体:株式会社ラッシュジャパン
調査期間:2013年2月25日〜2月27日
調査方法:民間調査会社によるインターネット調査
調査対象:15〜69歳 男女 3,355名
※性別、年代別で人口構成比に準拠して実施
※この調査における化粧品には医薬部外品も含まれる
協力:NPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)、NPO法人アニマルライツセンター(ARC)、PEACE、Humane Society International(HSI
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 17:29 | TrackBack(0) | その他
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81015677
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック