2013年07月17日

ICCR(化粧品規制協力国際会議)で動物実験禁止措置の導入を提言しました

去る7月9日、東京・内幸町で開かれたICCR-7(第7回化粧品規制協力国際会議)で、国内外の動物保護団体4団体が意見を述べるセッションが開かれ、私たちJAVAも参加してきました。

ICCRとは、EU、米国、日本、カナダの4か国の化粧品規制当局による会議体で「国際貿易への障壁を最小化しつつ、最高レベルの世界的な消費者保護を維持すること」が目的とされています。
今回は中国、ブラジル、韓国の規制当局もオブザーバーとして参加していました。

私たちJAVAは、今年3月11日にEUで化粧品の動物実験が完全に禁止(※)になったことを受けて:
1. ICCRとして「化粧品の動物実験は廃止すべきもの」という合意形成を行ない、
2. 加盟各国において速やかな禁止措置を導入するよう要望しました。
3. また、輸入化粧品に対して動物実験を義務付けている中国のICCRへの加盟を促し、動物実験廃止に向けて共同歩調を取るよう訴えました。

ICCR.jpg


詳しい模様は追ってウェブサイトに掲載します。


※EUではすでに化粧品の完成品(2004年9月〜)、原料(2009年3月〜)に対する動物実験を禁止、EU域外で動物実験が行われた化粧品の輸入販売(2009年3月〜)を禁止にしていましたが、輸入販売については一部例外がありました。2013年3月にはその例外も含めて動物実験が行なわれた化粧品の輸入販売が完全に禁止となりました。
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 16:30 | TrackBack(0) | アクション
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71009059
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック