2013年04月01日

本日発売のアエラに化粧品の動物実験に関する記事が掲載されています

本日発売のアエラ('13.4.8増大号)に以下の記事が掲載されています。

「動物実験やめた資生堂が投じた一石」
たかが人間「美白」のため、動物が犠牲になる。そんな状況を放置していていいのか。まず、化粧品最大手の資生堂が動物実験廃止を決断した。続く企業は出るのだろうか。

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=14817
(※記事の閲覧はできません)


アエラの記者がいくつかの大手化粧品メーカーに対して独自に取材をした結果が書かれています。

最大手資生堂に続いて廃止を決断するかどうかの注目が集まる業界第2位の花王は何と回答しているのかというと
「(動物実験の存廃について)回答しない」!?


そしてもう一つ、驚くのは富士フイルムの回答です。
2010年秋の段階でJAVAの公開質問に対して「他社・他機関に動物実験を委託している」と回答していたにもかかわらず、アエラの取材に対して
「既に2008年以降、廃止している」!?


ぜひ、本誌をお手に取ってご覧ください。


*****


私たちJAVAでは、3月29日付で、国内大手化粧品メーカー19社に対して、化粧品等の動物実験に関する公開質問状を送付しました。

送付先メーカー:
花王/カネボウ化粧品/コーセー/P&Gジャパン/富士フイルムヘルスケアラボラトリー/サンスター/ノエビア/ポーラ/日本メナード化粧品/ライオン/ユニリーバ・ジャパン/ホーユー/アルビオン/日本ロレアル/ファンケル/ピアス/再春館製薬所/ロート製薬/クラシエホームプロダクツ


その結果は、追って、ウェブサイト等でご紹介していきますので、引き続きご注目ください!

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 15:56 | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64250624
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック