2012年07月13日

世界規模の動物実験廃止キャンペーン、きょう日本でスタート!

世界規模で展開されている化粧品の動物実験廃止に向けたキャンペーンがついに日本に上陸!
きょうから全国のザ・ボディショップ各店でスタートしました!

all.JPG
7月13日、ザ・ボディショップ新宿店で


全世界で一斉に展開されるキャンペーン
英国発のNGO、CFI (Cruelty Free International クルエルティフリー・インターナショナル)によってオーガナイズされたこのキャンペーンは、各国の動物保護団体をCFIのパートナーとして、各国のザ・ボディショップのお客様から「動物実験反対!」を宣言する署名を集めるというもの。
日本ではこのCFIのパートナーに私たちJAVAが抜擢されました。
世界66か国以上、約2600以上あるザ・ボディショップの店頭で、一斉に展開されるという前人未到のプレッジ(宣言)キャンペーンに、あなたもぜひ参加してください!

世界各国の政府へ届け!
「動物を犠牲にしないコスメにYES!私は化粧品のために行なわれている動物実験の廃止を世界各国の政府に求めます」
皆さんからご協力いただいた署名は、各国の政府機関にそれぞれ提出されることが予定されています。
日本での集約目標は30万人!
さあ、あなたもお友達を連れてお近くのザ・ボディショップへGO!

t-shirt.JPG
ショップスタッフさんのTシャツにも注目!

JAVA×ザ・ボディショップ、三度目のタッグ
CFIのオフィシャルパートナーであるザ・ボディショップは、“AGAINST ANIMAL TESTING”(動物実験反対)のスローガンを掲げ、ヨーロッパでNGOとともに声をあげ、EUにおける化粧品の動物実験廃止の道を切り拓いた立役者としてご存知の方も多いはず。
日本のザ・ボディショップは1996年と1999年に化粧品の動物実験反対キャンペーンを行い、いずれもJAVAがキャンペーンパートナーとして協力しました。
それから13年を経て、今年ふたたびコラボレーションする機会が巡ってきました!
この間、動物実験反対を訴えるラッシュが日本でも人気を伸ばしたり、生活の木など動物実験をしていないと表示するメーカーが増えたり、最大手の資生堂が動物実験廃止に向けて取り組みを開始するなど、化粧品の動物実験を巡る状況は徐々に、でも着実に、変わってきました。
でも、化粧品のために苦しめられ殺される動物たちは、まだ厳然と存在しています。
化粧品のために、動物たちを苦しめ殺している企業が、まだ厳然と存在しているのです。
日本でも「化粧品の動物実験廃止を!」の大きなうねりをみんなで起こしていきましょう!


今日のキックオフイベントの模様はザ・ボディショップのフェイスブックでもご覧いただけます。
http://www.facebook.com/TheBodyShopJP

このキャンペーンは、7月13日〜9月13日までの2か月間、全国179のザ・ボディショップの店頭で行われます。
http://sasp.mapion.co.jp/b/bodyshop/
※一部実施していない店舗もあります。

オンラインでの署名はCFIの署名フォームから行えます(英語版のみ)。
http://www.crueltyfreeinternational.org/telltheworld

NICK.JPG
英国のCFI本部から政策担当ディレクターのニック・パーマー氏も来日




※JAVAの「動物実験していない」基準を満たさない企業とのコラボレーションについて
ザ・ボディショップが2006年、動物実験を行っているロレアル社の傘下に入ったことから、JAVAが設けている「動物実験していない」基準を満たさなくなったため、JAVAは「JAVAコスメガイド」に掲載している「動物実験していない化粧品メーカー」のリストから同社を外しました。
しかし、同社が創業当初から掲げる動物実験反対ポリシーを今なお堅持し、動物実験廃止に向けて積極的に取り組んでいること、また、今回のCFIによるキャンペーンが、世界規模での動物実験廃止の実現に大きな影響力をもつことから、JAVAはこのたびCFIのキャンペーンパートナーとして、ザ・ボディショップと協力することを決定しました。

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 21:56 | TrackBack(0) | アクション
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57034509
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック