2011年05月29日

資生堂の第三回円卓会議が開かれます

昨年6月2日に第一回、同11月1日に第二回が開かれた資生堂の「化粧品の成分の動物実験廃止を目指す円卓会議」。その第三回目が下記の通り、6月2日に開かれることになりました。

1回目では実質的な方向性は見いだせず、2回目は「代替法開発をがんばっているが確立にはほど遠いので動物実験の早期廃止は困難」という資生堂の言い訳に終始した円卓会議。
3回目の今回も、1回目同様、6月下旬に開催される株主総会の直前の6月2日です。資生堂がこのタイミングで円卓会議を開くのは、実験廃止のためではなく、最早、円卓会議は総会対策が目的なのではないかと疑わざるを得ません。
そう考えるもうひとつの理由は、今年2011年3月をもって「自社での動物実験を廃止する」と公表していたにもかかわらず、期日を過ぎてもプレスリリースもウェブサイトでの発表もしようとしないからです。

資生堂は本当に動物実験を廃止するつもりがあるのか!?

私たちJAVAは、消費者の抗議を鎮めたいという企業の単なるパフォーマンスに利用されるつもりはありません。

今回の円卓会議で資生堂の真意を厳しく追及する予定です。


*****

【日時】
2011年6月2日(木)9:00-12:00

【プログラム】
<導入>
1. 資生堂から、開会あいさつ
2. 司会から、開催主旨の説明、および出席者紹介

<第一部>
1. 資生堂の取組み進捗の発表と質疑応答
2. 各参加者からの取組み進捗の発表と質疑応答

<第二部>
1. フリーディスカッション
2. 司会から、今後の進め方について

【出席者(敬称略)】
1. 弁護士 浅野明子
2. 全国消費者団体連絡会 事務局長 阿南久
3. 元資生堂代替法研究エキスパート 板垣宏
4. 大和証券グループ本社 CSR室長 河口真理子
5. 日本動物実験代替法学会 元会長 田中憲穂
6. 日経BPコンサルティング 中野栄子
7. 経済産業研究所 コンサルティングフェロー 藤井敏彦
(8. 社団法人日本動物福祉協会 山口千津子)※予定次第
(9. 動物との共生を考える連絡会 山崎恵子)※欠席
(10. 日本トキシコロジー学会 理事長 吉田武美)※予定次第
11. 株式会社資生堂 執行役員 岩井恒彦
12. (司会)IIHOE人と組織と地球のための国際研究所 代表 川北秀人
13. NPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)理事 亀倉弘美

*****

posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 11:14 | TrackBack(0) | 対企業
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45576681
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック