2015年03月11日

EUでの完全禁止から2年、 日本でも動物実験を廃止する化粧品企業が増えてきた!

2013年3月11日、世界最大規模の市場を持つEUで、化粧品の動物実験が完全に禁止になりました。それから2年が経ちましたが、この間、日本でも動物実験廃止を決断し、その事実を公表する大手化粧品メーカーが増えてきています。
10年前には大手企業のほぼ全社が動物実験を行ない、その事実をひた隠しにし、他社の動向を気にして一律横並びだった日本の化粧品業界も、資生堂の廃止宣言を皮切りに、脱・動物実験へのシフトが始まっています!

■株式会社資生堂
動物実験と代替法に対する取り組み
資生堂は、代替法に基づく安全性保証体系を確立し、これにより2013年4月から開発に着手する化粧品・医薬部外品における動物実験を廃止しました。なお、社会に対して安全性の説明をする必要が生じた場合を除きます。
今後も引き続き有効な代替法の開発を継続するとともに、代替法の公定化(各国・地域の法制度において正式な実験方法として認可されること)に向けて積極的かつ強力に各国の行政機関に働きかけてまいります。
こちらもチェック

■株式会社マンダム
動物実験に対する考え方
マンダムは、動物実験を行わない方針で、化粧品開発を進めています。
マンダムは、生活者の安全の確保を第一に考えて商品を開発しております。製品等の安全性確認は基本的にヒトを用いた試験(パッチテスト、スティンギングテスト等)および動物実験代替法を活用しており、外注委託を含めて動物実験は実施しておりません。今後も動物実験を行わない方針です。
これからもステークホルダーの皆様の貴重なご意見を参考にさせていただき、安全で環境にやさしい商品開発を進めてまいります。
こちらもチェック

■株式会社コーセー
お客さまとともに、『安心・安全のために』
コーセーグループは、安全性を最優先としながら、動物実験を行わない方針で化粧品医薬部外品を含む)の開発を進めています
コーセーグループは、これまでの化粧品開発の実績により蓄積してきた膨大な安全性データを活用するとともに、代替試験法やヒトによる各種試験によって、独自の基準で化粧品の安全性確保を行っています。外部委託を含めて動物実験を行わない方針で、今後も引き続き化粧品開発をおこなっていきます。
※ 万一、社会に対して安全性の説明責任が生じた場合や、一部の国において行政から求められた場合を除きます。
コーセーは、動物実験の廃止はグローバル社会の重要な要請事項と受け止め、早期の実現を願って、'90年代から動物実験代替法の開発に取り組んできました。代替法学会に継続的な協賛を行うとともに、業界や産学官と連携しての取り組みに積極的に参画し、代替法の普及と進展のために、なお一層の努力をしてまいります。
こちらもチェック

■株式会社ポーラ・オルビスホールディングス
お客さま満足向上を目指して
ポーラ・オルビスグループは、化粧品(医薬部外品を含む)の研究・開発において、代替法技術の確立に伴い外部委託を含めて動物実験を行なわない方針です(*)。
(*)万一、社会に対して安全性の説明責任が生じた場合や、一部の国において行政から求められた場合を除きます。
こちらもチェック

**********

一方、いまだに動物実験を継続している企業もしぶとく存在しています。
「一刻も早く動物実験廃止を」
あなたの声を届けてください!

動物実験を続ける主な企業はこちら>
花王
クラシエ
再春館製薬所
富士フイルム
ホーユー
ロート製薬
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 14:56 | TrackBack(0) | 対企業
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114965854
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック