2014年09月10日

本日、コーセーを訪問。 「動物実験は今後もしない」役員が言明!

本日9月10日、JAVAを含む3つの動物保護団体で構成する「美しさに犠牲はいらないキャンペーン実行委員会(CFB)」は、化粧品の動物実験廃止を要望するべく、日本橋にあるコーセー本社を訪問しました。

コーセー本社前.jpg


これまでコーセーは、動物実験の廃止に比較的前向きな姿勢を示してきましたが、「廃止した」という確たる情報は得られていませんでした。

ご対応いただいたのは、品質保証を担当する取締役、経営企画部長兼広報室長、広報室課長の3名の皆様。私たちCFBからは亀倉弘美(JAVA)、岡田千尋(ARC)、東さちこ(PEACE)が面会に臨み、オンライン署名プラットフォーム「Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)」で集まった署名を提出するとともに、改めて化粧品・医薬部外品の動物実験の全廃を要望しました。

change.org署名提出.JPG

Change.org上で集まった23,760名分の署名を取締役に提出


ここで明らかになったのは、
・2013年上期から、化粧品・医薬部外品の動物実験は廃止している
・今後も行わない方針である

といううれしい事実!

そのほか、輸入化粧品に動物実験を課している中国の問題、化粧品による事故の問題、原料調達の問題などについて、1時間半にわたって率直に意見を交換しました。

意見交換風景.JPG


私たちCFBからの要望に対する正式な回答は、書面にて9月30日までにいただくことになっていますので、回答が届き次第、改めて報告いたします。

なお、Change.org上で23,760名を超えて集まった署名については、後日、CFBよりコーセーに郵送させていただく予定です。

CFBのサイトも併せてご覧ください。
http://www.crueltyfreebeauty.jp/news/detail/id=76
posted by 化粧品プロジェクトスタッフ at 17:23 | TrackBack(0) | 対企業
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103487955
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック